HOME / コンピュータTips / Linux / ヘッドレス環境のXDMCP

Date: 2020/06/02 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags:

ヘッドレス環境のXDMCP

シリアルコンソールのみの、本当にヘッドレスなUNIXマシンや、VMなどでローカルのビデオカードの負荷をあえてかけたくない場合、端末でXサーバをたててGUIを使いたい場合がままある。

この場合、ローカルでは素直にビデオカードを認識しないのでxdmcpが立ち上がらない。

最近のLinuxでは下記の設定をする。

/etc/X11/gdm/gdm.conf

[xdmcp]
# Distributions: Ship with this off.  It is never a safe thing to leave
# out on the net.  Setting up /etc/hosts.allow and /etc/hosts.deny to only
# allow local access is another alternative but not the safest.
# Firewalling port 177 is the safest if you wish to have xdmcp on.
# Read the manual for more notes on the security of XDMCP.
#Enable=false
Enable=true

これをしておけば、本体でGDMが起動しなくても、起動する。