HOME / コンピュータTips / Linux / CentOSで後からXを入れる

Date: 2018/12/16 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags:

CentOS4で、後からXをいれる。

サーバ設定をしたCentOS、あるいはServerCDからインストールしたCentOS4で、あとからXを入れたくなったとき。

コレが正しい方法かわからないけれども・・・

yum install gdm
yum install gnome-session.i386
yum install gnome-terminal
yum install gnome-applets
yum install fonts-ja.noarch
yum install ttfonts-ja.noarch
yum install 'xorg*'
yum install firefox

こんな風な感じで必要な物をいれていくのもあり。

yum list | grep -v installed | grep gnome

設定

Xorg -configure

を実行。ビデオカードの状態がおかしくなるので、リモートでやってコンソールを見張った。

できあがったファイルにはmouseに問題があったので、それを修正。

起動するのを確認。

X -config xorg.conf.new

うまく動いたら、

cp xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf