HOME / コンピュータTips / MacOSX / Fuji-Xerox(ARTEX)プリンタで印刷

Date: 2012/04/18 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags: MacOSX, Fuji Xerox, C3140, C3150, C4300, ART EX, 印刷

Mac OS X 10.7からXeroxのC4300系、C3400系などのARTEXプリンタで印刷する

とりあえずMacに初めてふれて、最初の方にやったことなのだけれども。

事前準備

まずは、AppStoreからXcodeをインストールしておく。コマンドライン版もインストールしておくこと。

ダウンロード

Mac用のARTEXプリンタのドライバは無いが、Linux用のfxprintドライバはある。

これを利用して、Macから印刷。

上記からダウンロードできるファイルは、下記の通り。

  • fxlinuxprint-src-1.0.1.tar.gz

ビルド

展開したフォルダで、次のようにビルドする

./configure

きちんと通るか確認する。

makeはXcodeのインストール状態にあわせて変わるが、

make INCLUDES=' -I /usr/include/sys'

前はこんなだった気がするんだが・・・

make INCLUDES=' -I /Developer/SDKs/MacOSX10.7.sdk/usr/include/sys/ ' 
find / -name 'wait.h'

とかでパスを適宜、変えてみてください。iPhone用のwait.hとかをうっかり読み込ませないこと(笑)

インストール

sudo make cupsfilterdir=/usr/libexec/cups/filter/ install

インストール結果を見てればわかるが、ppdのインストール場所は、

/usr/share/cups/model/FujiXerox/en/fxlinuxprint.ppd

にある

設定

  1. システム環境設定のプリントとスキャンで、適当にLPDプリンタとして設定する。
  2. プリンタの一覧の下の「+」をクリックし、「プリンタの追加」ダイアログを出す。
  3. IPをクリック。
    • プロトコル:LPD
    • アドレス:プリンタのIPアドレス
    • キュー:lp、カラでも良い
    • ドライバの設定はコツがいる
      1. あらかじめファインダーなどで、SHIFT+CMD+Gなどを押し、/usrに移動しておく。そして、/usrの下のshareあたりをファインダーのショートカット(左のペイン)に適当に加える
      2. ドライバ選択でその他を選ぶ。
      3. ppdファイルの選択になるので、1で追加したshareのショートカットから、cups->model->FujiXerox->en->fxlinuxprint.ppdを選ぶ。

        プリンタの追加画面

      4. 追加ボタンを押す

これで、まぁまぁ印刷ができる

制限

まぁ、印刷ができる程度で、いくつかの制限がある。

  • 何の設定もない。
    • 用紙、両面、色々。。。
  • PostScriptプリンタになるわけではないが、Adobe製品が微妙に何かを勘違いするのか、PostScriptのつもりでデータを送り出してしまい、印刷できない。
    • PDFにし、Appleのプレビューツールで印刷するしかない。
  • OSアップデートしたらリビルドしないとならない。
    • 現に10.6で入れた環境のアップデートはうまくいかなかったので、10.7でビルドし直した。

InDesignとかIllustratorで印刷できないのは、まー仕方がないよね。PDFに変換しましょう。

一般人に不具合がでるのはAdobe Readerで印刷ができないことぐらい。Adobe Readerではなく、プレビューで開いて、だましだまし使いましょう。

それでも印刷できないよりできる方が何倍もマシってところで(笑)


コンピュータTips/MacOSX

Recent Updates

openjdk(SPARC)

SPARC用のJAVA。 最近は新しいバージョンがSPARCでリリースされず、苦労している人も多いのですが、SPARC Solarisの界隈人達がビルドして代わりに使われているものです。 Solaris 11 SPARC jdk builds
»続きを読む

Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

コンピュータTips/Solaris/Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

Solaris 11.4には4つのリビジョンがあります。 2024年4月現在、Solaris自体の開発はメンテナンスフェーズになったわけでもなく、SRU毎に、最新機能がモリモリ入っていきます。 GA(Release 版) 一応、無償のOTNライセンスの利用も可能 いわゆる、リリース時点のバージョンのことですが、現在は 利用しません 。 以前は、1〜2年に1度の頻度でリリース …
»続きを読む

Emacs.appで書類(Documents)がアクセス出来ないとき

コンピュータTips/MacOSX/Emacs.appで書類(Documents)がアクセス出来ないとき

Catalina以降の権限問題なので、システム設定のセキュリティとポリシーの中にあるプライバシー内のFull Disk Accessに、Emacs.appと/usr/bin/rubyを入れればすむ。 /usrフォルダを、プライバシーの+から入れるのは、ちょっと面倒なので、あらかじめFinderのお気に入りの中に入れておくと良いでしょう。   rubyが入るのは、Emac …
»続きを読む

SONY WH-1000XM3

自分用メモです。 ノイズキャンセラーの性能が良い。 WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを有効すると、音は聞こえないのに妙な音圧があったが、それがかなり軽減。個人的には気にならなくなった。 また、WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを無効にしても、なんか作られたような音が出ていたような気がしたが、割と普通に聞こえる。 USB-Cになったのも良い。飛行機でも使う …
»続きを読む

Catalina(10.15)

Catalina Beta を入れ始めたので、自分用のまとめ。 2019/10/8、Catalinaが振ってきたので製品版用に記載を変えました。 32bitアプリを確認すること。 Activity Monitorで32bitアプリがわかるので、そういうアプリがあるなら代替品を見つけておくこと。 /etc以下のいくつかのファイルをバックアップしておくこと。 /etc …
»続きを読む

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初