HOME / コンピュータTips / Solaris / コンパイル / Perl Module / Template

Date: 2019/12/10 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags:

普通にインストール

perl -MCPAN -eshell
install Template

Template-Toolkit-2.19

ワークディレクトリ用意

WORK=ワークディレクトリ

mkdir ${WORK}/perl-Template/Template-Toolkit-2.19/

コピー

cat /usr/perl5/site_perl/5.8.4/i86pc-solaris-64int/auto/AppConfig/.packlist \
| cpio -pvdm ${WORK}/perl-Template/Template-Toolkit-2.19/

パッケージ化

prototypeを作成

pkgproto . > prototype

出来たprototypeファイルから、prototypeのエントリを削除する。

f none prototype 0644 root root

その上で、下記の1行を追加。

i pkginfo
i depend

pkginfoを作成(\の行はつなぐこと)

PKG=JPCperl584-Template-Toolkit
NAME=perl-Template-Toolkit-2.19
ARCH=i86pc
VERSION=2.19
CATEGORY=application
DESC=Front-end module to the Template Toolkit 2.19
VENDOR=JPC
CLASSES=none
BASEDIR=/

dependも作成(\の行はつなぐこと)

P	JPCperl584-AppConfig	\
Perl5 module for reading configuration files and \
parsing command line arguments.

パッケージの作成

こんな自作シェルスクリプトを動かす

make_package.sh 01