HOME / コンピュータTips / Solaris / コンパイル / libsigc++

Date: 2022/12/07 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags: Solaris opensolaris Software compile コンパイル libsigc++ パッケージ package

インストールとデプロイ

ダウンロード

展開

bzcat -dc libsigc++-2.2.2.tar.bz2 | tar xvf -

コンパイル

gmakeは必須である。

./configure \
 --prefix=/opt/JPC
gmake -j4

このままでは、/opt/JPCにインストールされてしまうので、泥縄であるが、JPCを一次的に待避させる。

mv /opt/JPC /opt/JPC.orig
gmake install install-pkgconfigDATA
rm -rf ../install_root/
mkdir -p ../install_root/opt
mv /opt/JPC ../install_root/opt/
mv /opt/JPC.orig /opt/JPC

ってな具合。

ここで ../install_rootにインストール後のイメージが出来ている。

パッケージ化

cd ../install_root

prototypeを作成

pkgproto . > prototype

出来たprototypeファイルから、prototypeのエントリを削除する。

f none prototype 0644 root root

その上で、下記の1行を追加。

i pkginfo

pkginfoを作成

cat <<__END > ../pkginfo
PKG=JPClibsigc++
NAME=libsigc++
ARCH=i86pc
VERSION=2.2.2
CATEGORY=library
DESC=typesafe callback system for standard C++
VENDOR=JPC
CLASSES=none
BASEDIR=/
__END
cp ../pkginfo .

パッケージ作成

../../make_package.sh 01

パッケージの作成(旧式)

pkgmk -r `pwd`
pushd /var/spool/pkg/
pkgtrans -s . パッケージ名.pkg

確認

env PKG_CONFIG_PATH=/opt/JPC/lib/pkgconfig:/usr/lib/pkgconfig:/opt/csw/lib/pkgconfig pkg-config --list-all | grep sigc

sigc++-2.0                  libsigc++ 2 - Typesafe signal and callback system for C++
sigc++-1.2                  SigC++ - Type-safe signal and callback system for C++

上が、今作ったモノ。すばらしい。


コンピュータTips/Solaris/コンパイル

Recent Updates

Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

コンピュータTips/Solaris/Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

Solaris 11.4には4つのリビジョンがあります。 GA(Release 版) 無償 いわゆる、リリース時点のバージョンのことですが、現在は利用しません。 以前は、1〜2年に1度の頻度でリリース版がでたため、無償利用ではその都度、これを利用しておりました。 しかし、Solaris 11.4のリリースサイクルが、継続的なアップデート(つまりWindows10以降のように …
»続きを読む

Emacs.appで書類(Documents)がアクセス出来ないとき

コンピュータTips/MacOSX/Emacs.appで書類(Documents)がアクセス出来ないとき

Catalina以降の権限問題なので、システム設定のセキュリティとポリシーの中にあるプライバシー内のFull Disk Accessに、Emacs.appと/usr/bin/rubyを入れればすむ。 /usrフォルダを、プライバシーの+から入れるのは、ちょっと面倒なので、あらかじめFinderのお気に入りの中に入れておくと良いでしょう。   rubyが入るのは、Emac …
»続きを読む

SONY WH-1000XM3

自分用メモです。 ノイズキャンセラーの性能が良い。 WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを有効すると、音は聞こえないのに妙な音圧があったが、それがかなり軽減。個人的には気にならなくなった。 また、WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを無効にしても、なんか作られたような音が出ていたような気がしたが、割と普通に聞こえる。 USB-Cになったのも良い。飛行機でも使う …
»続きを読む

Catalina(10.15)

Catalina Beta を入れ始めたので、自分用のまとめ。 2019/10/8、Catalinaが振ってきたので製品版用に記載を変えました。 32bitアプリを確認すること。 Activity Monitorで32bitアプリがわかるので、そういうアプリがあるなら代替品を見つけておくこと。 /etc以下のいくつかのファイルをバックアップしておくこと。 /etc …
»続きを読む

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

Fujitsu SPARC M10-1

See this document http://jp.fujitsu.com/platform/server/sparc/manual/pdf/common/c120-e678-12.pdf XSCFへのログイン 書いてあるように、最初はユーザID default でログイン、フロントのスライドスイッチをSERVICEからLOCKにしてリターンを押す。 そして5秒以上6 …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初