HOME / コンピュータTips / Solaris / Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

Date: 2022/12/05 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags:

Solaris 11.4 CPU(Critical Patch Unit)の当て方

Solaris 11.4のバージョンについて

Solaris 11.4には4つのリビジョンがあります。

2024年4月現在、Solaris自体の開発はメンテナンスフェーズになったわけでもなく、SRU毎に、最新機能がモリモリ入っていきます。

  • GA(Release 版) 一応、無償のOTNライセンスの利用も可能
    • いわゆる、リリース時点のバージョンのことですが、現在は利用しません
    • 以前は、1〜2年に1度の頻度でリリース版がでたため、無償のOTNライセンスではその都度、これを利用しておりました。
    • しかし、Solaris 11.4のリリースサイクルが、継続的なアップデート(つまりWindows10以降のように、毎月のようにアップデートされる方針)に変更されたため、11.4以降のアップデートは、月次アップデートが基本となりました。
    • 従ってこれは事実上利用せず(多分廃止され)、いまは後述のCBEを利用します。
  • CBE(Common Build Environment) 一応、無償のOTNライセンス利用も可能。
    • GA版があまりにもSRUと離れてしまったため、これではSolaris11.4の上で動くソフトウェアのテストもできないし、ビルドもできない為、生まれたバージョンです。
    • 事実上、11.4の最新版ですが、SRUよりもちょっと早く出てきます・・・つまりOpenBeta^H^H^H^Hです。
    • だったような計画だった気もするんですが、CBEはパッケージなどを作る為の「基準ビルド用」のポジションになっており、特にバージョンアップが進んでないみたいです。
  • SRU(Support Repository Unit) 有償サポート
    • 月次パッチ版です。商用では、通常はこれを利用します。Windowsの月次アップデートと似たようなものだとおもってください。
    • 途中からSolarisの開発の仕方が変わってきたため、最新機能がモリモリはいるようになりました。
    • こちらを参考にして購入してください
  • CPU(Critical Patch Unit) 有償サポート(SRUと同じ契約で利用可能)
    • 四半期(=3ヶ月)に1度程度、SRUと連動してアップデートされます。間の二ヶ月はクリティカルパッチ(CVE)がでるとアップデートされます。
    • サーバなど、あまりアップデートしたくないのはこれを充てると良いです。
    • 実際問題……
      • 3ヶ月に1度はSRUと同じバージョンになるので、最新機能は3ヶ月に1度入ります。
      • とはいえ、CPUも毎月、CVEだけを直したバージョンがでます。アップデートの仕方によっては、リブートがいります。
      • したがって「塩漬け」はできません。

参考

SRUとCPUの関係

Oracle Solaris 11.4のマニュアルから


L10Nsrucpu.png

CPUへのアップデート方法

通常のアップデートは次の様に行います

sudo pkg update --be-name="ラベル" --accept

このコマンドは、どのレポジトリを追いかけているかによって異なります。

SRU、CPUの場合

% LC_ALL=C pkg publisher
PUBLISHER                   TYPE     STATUS P LOCATION
solaris                     origin   online F https://pkg.oracle.com/solaris/support/

Release(GA)、CBEの場合

% LC_ALL=C pkg publisher
PUBLISHER                   TYPE     STATUS P LOCATION
solaris                     origin   online F https://pkg.oracle.com/solaris/release/

この切り替え方法は、pkg set-publisherで切り替えますが、こちらのページよりSolaris11の購入ができれば、pkg-registerサイトに全て書かれています。

まず、Solaris11.4のIPSには、全てのパッケージを紐付けるconsolidationパッケージに、entireがあり、上記のコマンドは、暗黙にentireが指定されています。本当はこうです。

sudo pkg update --be-name="ラベル" --accept entire

entireをアップデートするため、全部がアップデートされるという考え方です。

CPUではentireではなく、solaris-11-cpuを追いかけます。

entireを消す

sudo pkg uninstall -v entire

cpuを追いかける

sudo pkg update -v --be-name=ラベル solaris-11-cpu

ラベルはどういうのが良いかというと、GRUBの起動画面などに出てきたり、beadmででてくるので、次の様にしています。info -rでインストール後のパッケージがどんなバージョンかわかるので・・・

% sudo pkg info -r solaris-11-cpu
       名前: support/critical-patch-update/solaris-11-cpu
     サマリー: Oracle Solaris 11.4.51.132.1 Critical Patch Update 2022.11-1
       説明: This package ensures a system remains up to date with the Oracle
           Critical Patch Updates for Oracle Solaris
       状態: インストール済みでない
  パブリッシャー: solaris
    バージョン: 2022.11
       分岐: 1
パッケージ化の日付: 2022年11月07日 20時36分21秒
      サイズ: 2.52 kB
     FMRI: pkg://solaris/support/critical-patch-update/solaris-11-cpu@2022.11-1:20221107T203621Z

私は上のサマリーを見て、こんな風にラベルを決めています。

sudo pkg update -v --be-name=solaris11.4.51.132.1cpu2022.11-1 --accept solaris-11-cpu

Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

  • 記事が0件です

コンピュータTips/Solaris

Recent Updates

openjdk(SPARC)

SPARC用のJAVA。 最近は新しいバージョンがSPARCでリリースされず、苦労している人も多いのですが、SPARC Solarisの界隈人達がビルドして代わりに使われているものです。 Solaris 11 SPARC jdk builds
»続きを読む

Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

コンピュータTips/Solaris/Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

Solaris 11.4には4つのリビジョンがあります。 2024年4月現在、Solaris自体の開発はメンテナンスフェーズになったわけでもなく、SRU毎に、最新機能がモリモリ入っていきます。 GA(Release 版) 一応、無償のOTNライセンスの利用も可能 いわゆる、リリース時点のバージョンのことですが、現在は 利用しません 。 以前は、1〜2年に1度の頻度でリリース …
»続きを読む

Emacs.appで書類(Documents)がアクセス出来ないとき

コンピュータTips/MacOSX/Emacs.appで書類(Documents)がアクセス出来ないとき

Catalina以降の権限問題なので、システム設定のセキュリティとポリシーの中にあるプライバシー内のFull Disk Accessに、Emacs.appと/usr/bin/rubyを入れればすむ。 /usrフォルダを、プライバシーの+から入れるのは、ちょっと面倒なので、あらかじめFinderのお気に入りの中に入れておくと良いでしょう。   rubyが入るのは、Emac …
»続きを読む

SONY WH-1000XM3

自分用メモです。 ノイズキャンセラーの性能が良い。 WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを有効すると、音は聞こえないのに妙な音圧があったが、それがかなり軽減。個人的には気にならなくなった。 また、WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを無効にしても、なんか作られたような音が出ていたような気がしたが、割と普通に聞こえる。 USB-Cになったのも良い。飛行機でも使う …
»続きを読む

Catalina(10.15)

Catalina Beta を入れ始めたので、自分用のまとめ。 2019/10/8、Catalinaが振ってきたので製品版用に記載を変えました。 32bitアプリを確認すること。 Activity Monitorで32bitアプリがわかるので、そういうアプリがあるなら代替品を見つけておくこと。 /etc以下のいくつかのファイルをバックアップしておくこと。 /etc …
»続きを読む

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初