HOME / コンピュータTips / Solaris / 動作ハードウェア / USBシリアル

Date: 2009/04/19 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags: Solaris, OpenSolaris, USBシリアル

Solaris/OpenSolarisで動作するUSBシリアル

SIGMA URS232GF

SIMGA URS232GF

prtconf -vD /dev/term/0
device, instance #0 (driver name: usbsprl)
   Driver properties:
       name='pm-components' type=string items=3 dev=none
           value='NAME= usbsprl0 Power' + '0=USB D3 State' + '3=USB D0 State'
   Hardware properties:
       name='driver-minor' type=int items=1
           value=00000000
       name='driver-major' type=int items=1
           value=00000002
       name='usb-release' type=int items=1
           value=00000110
       name='usb-num-configs' type=int items=1
           value=00000001
       name='usb-revision-id' type=int items=1
           value=00000202
       name='usb-product-id' type=int items=1
           value=00002303
       name='usb-vendor-id' type=int items=1
           value=0000067b
       name='compatible' type=string items=9
           value='usb67b,2303.202' + 'usb67b,2303' + 'usbif67b,classff.0.0' + 'usbif67b,classff.0' + 'usbif67b,classff' + 'usbif,classff.0.0' + 'usbif,classff.0' + 'usbif,classff' + 'usb,device'
       name='reg' type=int items=1
           value=00000002
       name='assigned-address' type=int items=1
           value=00000003
   Device Minor Nodes:
       dev=(132,0)
           dev_path=/pci@0,0/pci103c,3207@2/device@2:0
               spectype=chr type=minor
               dev_link=/dev/term/0
       dev=(132,131072)
           dev_path=/pci@0,0/pci103c,3207@2/device@2:0,cu
               spectype=chr type=minor
               dev_link=/dev/cua/0

コンピュータTips/Solaris/動作ハードウェア

Recent Updates

openjdk(SPARC)

SPARC用のJAVA。 最近は新しいバージョンがSPARCでリリースされず、苦労している人も多いのですが、SPARC Solarisの界隈人達がビルドして代わりに使われているものです。 Solaris 11 SPARC jdk builds
»続きを読む

Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

コンピュータTips/Solaris/Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

Solaris 11.4には4つのリビジョンがあります。 2024年4月現在、Solaris自体の開発はメンテナンスフェーズになったわけでもなく、SRU毎に、最新機能がモリモリ入っていきます。 GA(Release 版) 一応、無償のOTNライセンスの利用も可能 いわゆる、リリース時点のバージョンのことですが、現在は 利用しません 。 以前は、1〜2年に1度の頻度でリリース …
»続きを読む

Emacs.appで書類(Documents)がアクセス出来ないとき

コンピュータTips/MacOSX/Emacs.appで書類(Documents)がアクセス出来ないとき

Catalina以降の権限問題なので、システム設定のセキュリティとポリシーの中にあるプライバシー内のFull Disk Accessに、Emacs.appと/usr/bin/rubyを入れればすむ。 /usrフォルダを、プライバシーの+から入れるのは、ちょっと面倒なので、あらかじめFinderのお気に入りの中に入れておくと良いでしょう。   rubyが入るのは、Emac …
»続きを読む

SONY WH-1000XM3

自分用メモです。 ノイズキャンセラーの性能が良い。 WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを有効すると、音は聞こえないのに妙な音圧があったが、それがかなり軽減。個人的には気にならなくなった。 また、WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを無効にしても、なんか作られたような音が出ていたような気がしたが、割と普通に聞こえる。 USB-Cになったのも良い。飛行機でも使う …
»続きを読む

Catalina(10.15)

Catalina Beta を入れ始めたので、自分用のまとめ。 2019/10/8、Catalinaが振ってきたので製品版用に記載を変えました。 32bitアプリを確認すること。 Activity Monitorで32bitアプリがわかるので、そういうアプリがあるなら代替品を見つけておくこと。 /etc以下のいくつかのファイルをバックアップしておくこと。 /etc …
»続きを読む

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初