HOME / コンピュータTips / Solaris / Apache / Apacheのインストール

Date: 2015/01/24 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags: Solaris11, Apache

Solaris11のApacheのインストール

諸情報

主たるパッケージ名pkg:/web/server/apache-22
SMFのFMRIsvc:/network/http:apache22
インストールパス設定/etc/apache2/2.2/
コンテンツ/var/apache2/2.2/
プログラム/usr/apache2/2.2/
ログファイルSMFログ/var/svc/log/network-http:apache22.log
Apache出力ログ/var/apache2/2.2/logs/error_log等

インストール

pkg install -v web/server/apache-22

設定

主に書き換えるファイル

/etc/apache2/2.2/httpd.conf

ロードするモジュール(32ビット版:標準)

/etc/apache2/2.2/conf.d/modules-32.load
  • 特殊な設定は、conf.dに*.confと言う名前で保存すると良いでしょう。
  • いくつかの標準的な設定を、/etc/apache2/2.2/samples-conf.d/からコピー、もしくはシンボリックリンクなどをします。
  • 詳しくは/etc/apache2/2.2/samples-conf.d/のconfファイルを参照ください。

これだけでApacheを動作させることが可能です。

応用的な設定

VirtualHostの設定

NameベースのVirtualHostのサンプル設定は、/etc/apache2/2.2/samples-conf.d/vhost.confにあります。これを参考にすることで、VirtualHostの設定ができます。

sudo cp /etc/apache2/2.2/samples-conf.d/vhost.conf /etc/apache2/2.2/conf.d/

/etc/apache2/2.2/conf.d/vhost.confの編集を行います。

最低限、<VirtualHost *:80>〜</VirtualHost>で括られた、ServerAdmin、DocumentRoot、ServerName、ErrorLog、CustomLog等、全ての内容を編集する必要があります。

このファイルに記載されたサンプルは、あくまでも例ですので、そのままの状態では動作させることができません。また、ネームベースのVirtualHostはお客様のDNS設定にも依存しますので、下記のApacheのマニュアルを参考にして設定を行ってください。

参考資料

  • http://httpd.apache.org/docs/2.2/vhosts/
  • http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/apache08/apache08a.html

サービスの起動と停止

下記で、svc:/network/http:apache22は、apache22と入力しても機能します。

起動状態にする(再起動後も)

sudo svcadm enable svc:/network/http:apache22

停止状態にする(再起動後も)

sudo svcadm disable svc:/network/http:apache22

再起動

sudo svcadm restart svc:/network/http:apache22

graceful

sudo svcadm refresh svc:/network/http:apache22

設定のテスト(32ビットの場合)

sudo /usr/apache2/2.2/bin/apachectl configtest

設定のテスト(64ビットの場合)

sudo /usr/apache2/2.2/bin/64/apachectl configtest

動作してるかどうか確認する

svcs -xv svc:/network/http:apache22

エラーが出ている状態のApacheの設定を復元する。

sudo svcadm clear svc:/network/http:apache22

その他

 


Apacheのインストール


コンピュータTips/Solaris/Apache

Recent Updates

SONY WH-1000XM3

自分用メモです。 ノイズキャンセラーの性能が良い。 WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを有効すると、音は聞こえないのに妙な音圧があったが、それがかなり軽減。個人的には気にならなくなった。 また、WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを無効にしても、なんか作られたような音が出ていたような気がしたが、割と普通に聞こえる。 USB-Cになったのも良い。飛行機でも使う …
»続きを読む

Catalina(10.15)

Catalina Betaを入れ始めたので、自分用のまとめ。 総じて、とても良いです。 描画遅れもないし、フレームレートも速い。かと言って、Luna Displayのような、jpeg ノイズもない。 接続は、Airplayのようなイメージで接続可能。Wi-Fiでも十分速いので、イメージとして、AppleTVでAir Playをしたかんじで接続できるため、特になにかiPad側の準備 …
»続きを読む

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

Nexus7 2013をMarshmallow(Android 6.0)化

OTAでない方法で。 だいたい ここに書いてある方法 なんだけど、adbなどが一式使えている状態で。 まずは自分の機種のものをダウンロードする。僕のは、 Android 6.0 Marshmallow for Nexus 7 2013 Wi-Fi 。tgzを展開し、zipも解いておく。 まずはboot loaderへ。 bootloader自体のアップデート。一式、updat …
»続きを読む

OS X 10.11 El Capitanで、phpのモジュールインストール

Yosemiteからのアップデートは割と簡単です。なぜならYosemite時に、すでにapache 2.4になり、php 5.5になっているから(笑 アップデート前に、まずはphp.iniとhttpd.confをバックアップしておきましょう きになるなら、hostsとかapache以下全てをバックアップしておいてもいいかも。 後はEl Capitanにアップデートする。 アッ …
»続きを読む

EasyAcc Powerbank PB4000CB

スマフォTips/モバイルバッテリー/モバイルバッテリー製品レビュー/EasyAcc Powerbank PB4000CB

薄型のモバイルバッテリーEasyAcc Powerbank PB4000CBです。 今や、モバイルバッテリーは大型のものが好まれるのか、隙間無く商品があります。20,000mAh越えで、「でけえ!」とか言ってますけど、大きいのを探せば、100Wh(27,000mAh)、200Wh当たり前、探せば500Wh(135,000mAh)とか、もっともっとあるのです。用途がどんどん異なっていくので …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初