HOME / コンピュータTips / Solaris / シリアルコンソール

Date: 2009/07/08 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags: OpenSolaris, シリアルコンソール, serial console, 設定

概略

iDCに置くサーバで、リモートKVMなどがついていない物は、ディスプレイ+キーボードを利用せず、シリアル・コンソールを利用するとよいでしょう。

シリアルコンソールは、何かおきたとき、たとえばEtherが死んだり、FireWallで締め出しを食らったりして、IP経由でアクセスが出来なくなったときに、作業をすることができます。

シリアルコンソールのボーレートは、9600でなく115200にすれば、コンソールは速く表示します。ただし、一般にシリアルコンソールとは9600であり。緊急時にしか使わないものなので、その時に困らない様に、あっさり動く9600に設定しておくと良いでしょう

物理結線

とりあえずクロスケーブルでつないでおきます。

Windows側はTeraTerm等のVT100ターミナルエミュレータを利用します。UNIXなら、tipコマンドなどを利用することも出来るし、Linuxなら、kermitなども利用可能。Linuxの場合はコンピュータTips/Linux/シリアル通信に記載しました。

チェック方法としては、互いにtipなどを起動して文字を入力しあい、相手の入力文字列がでてくるかどうかで、問題がないか調べることができるでしょう。

設定方法

起動プロセスを整理

シリアルコンソール起動に関係しそうな、ブートプロセスを記載します。

  1. PCの電源ON
  2. BIOS画面の表示。
    • BIOSがシリアルコンソールに対応していないとならない。
  3. ローダ(GRUB)の表示
    • OSをロードするためのミニローダという、小さなプログラム。
    • この部分はgrubを利用する場合はgrub.confで記述する
  4. カーネルの起動メッセージ
    • この部分はKernelオプションで指定する。
  5. ログインコンソール
    • 最後にログインのコンソールは別のプロセスが行う。上記で行うのは、この部分であり、上の項目の設定は個別に行う。

BIOS画面の表示

DELLのPowerEdge等はシリアルコンソールの設定を「Console Redirection」からBIOSで変更することができます。

ローダの表示

menu.lstの設定をします。

ZFS ROOTのSolaris(OpenSolarisはこちら)では、/rpool/boot/grub/menu.lst、UFS ROOTのSolarisでは、/boot/grub/menu.lstにあります。

次の一行を追加します。

serial --unit=0 --speed=9600 --word=8 --parity=no --stop=1 terminal  --timeout=10 serial console

シリアルコンソールではスプラッシュイメージは必要ないので、下記はコメントアウトしておきます。

#splashimage /boot/grub/splash.xpm.gz
#background 15ECA

menu.lstはこの先も編集します。

カーネルの設定

カーネルの起動メッセージをシリアルに出すために、カーネルオプションの追加を行います。カーネルオプションはmenu.lstで書き換えます。

Solarisの場合、kernel$の-Bにconsole=ttyaを入れます。ttyaはcom1です。/boot/solaris/bootenv.rcにこれらの情報が記載されています。

kernel$ /platform/i86pc/kernel/$ISADIR/unix -v -B $ZFS-BOOTFS,console=ttya

Linuxの場合、Kernelを次の様に書き換えます。まあ同じ要領です。

kernel /vmlinuz-2.4.21-4.ELsmp ro root=LABEL=/ console=ttyS0,9600n8r

/etc/remote

最後にserialからログインできるようにします。

/etc/remote
serial1:\
        :dv=/dev/term/a:br#9600:el=^C^S^Q^U^D:ie=%$:oe=^D:

コンピュータTips/Solaris

Recent Updates

openjdk(SPARC)

SPARC用のJAVA。 最近は新しいバージョンがSPARCでリリースされず、苦労している人も多いのですが、SPARC Solarisの界隈人達がビルドして代わりに使われているものです。 Solaris 11 SPARC jdk builds
»続きを読む

Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

コンピュータTips/Solaris/Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

Solaris 11.4には4つのリビジョンがあります。 2024年4月現在、Solaris自体の開発はメンテナンスフェーズになったわけでもなく、SRU毎に、最新機能がモリモリ入っていきます。 GA(Release 版) 一応、無償のOTNライセンスの利用も可能 いわゆる、リリース時点のバージョンのことですが、現在は 利用しません 。 以前は、1〜2年に1度の頻度でリリース …
»続きを読む

Emacs.appで書類(Documents)がアクセス出来ないとき

コンピュータTips/MacOSX/Emacs.appで書類(Documents)がアクセス出来ないとき

Catalina以降の権限問題なので、システム設定のセキュリティとポリシーの中にあるプライバシー内のFull Disk Accessに、Emacs.appと/usr/bin/rubyを入れればすむ。 /usrフォルダを、プライバシーの+から入れるのは、ちょっと面倒なので、あらかじめFinderのお気に入りの中に入れておくと良いでしょう。   rubyが入るのは、Emac …
»続きを読む

SONY WH-1000XM3

自分用メモです。 ノイズキャンセラーの性能が良い。 WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを有効すると、音は聞こえないのに妙な音圧があったが、それがかなり軽減。個人的には気にならなくなった。 また、WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを無効にしても、なんか作られたような音が出ていたような気がしたが、割と普通に聞こえる。 USB-Cになったのも良い。飛行機でも使う …
»続きを読む

Catalina(10.15)

Catalina Beta を入れ始めたので、自分用のまとめ。 2019/10/8、Catalinaが振ってきたので製品版用に記載を変えました。 32bitアプリを確認すること。 Activity Monitorで32bitアプリがわかるので、そういうアプリがあるなら代替品を見つけておくこと。 /etc以下のいくつかのファイルをバックアップしておくこと。 /etc …
»続きを読む

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初