HOME / コンピュータTips / Solaris / パワーセーブとサスペンド

Date: 2009/01/08 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags: Solaris, OpenSolaris, power.conf, powertop, CPU周波数制御, speedstep, powernow, 周波数

パワーセーブ

Nevada82以降、CPUクロックの変動などのPowerManagementが実装されたようだ。SolarisもU5から動くようであるが未確認。

Intel Powertopなどが動くようになったので、CPUクロックが臨機応変に変わってくれるのが見れたり、電気を食うソフトがわかって楽しい。

本当は、サスペンドができるのがもっとも良いのだが、現時点で私は、Solarisをノートパソコンで動かしてサスペンドできる機種を知らない。

PCを放置しておくと朝になると相当熱くなっていたが、大分普通の温度になってきた。

これでやっとノートPCのバッテリの持ちがよくなるかな。バッテリを1つ持ち歩くのと同じぐらい変わるかも!

設定方法

/etc/power.confを書き換える。

cpupm            enable poll-mode
cpu-threshold    1s

設定変更後、

svcadm restart power

か、

pmconfig

で反映される。

クロックの状態を知りたい場合、Powertopをインストールするか・・・・

  • http://opensolaris.org/os/project/tesla/Work/Powertop/あるいは、kstatでみる

サポートされているクロックの一覧

kstat -m cpu_info -s supported_frequencies_Hz

現在のクロック

kstat -m cpu_info -s current_clock_Hz

cpupmにはevent-modeとpoll-modeがあるが、poll-modeの方が効率がよいようだ。この設定の違いは、man power.confに記載されている。

実行例

サポートクロック

kstat -m cpu_info -s supported_frequencies_Hz

出力結果

module: cpu_info                        instance: 0     
name:   cpu_info0                       class:    misc

supported_frequencies_Hz 800000000:1200000000:1600000000:2200000000:2201000000

module: cpu_info                        instance: 1     
name:   cpu_info1                       class:    misc

supported_frequencies_Hz 800000000:1200000000:1600000000:2200000000:2201000000現在のクロック

kstat -m cpu_info -s current_clock_Hz

出力結果

module: cpu_info                        instance: 0     
name:   cpu_info0                       class:    misc

current_clock_Hz 800000000

module: cpu_info                        instance: 1     
name:   cpu_info1                       class:    misc

current_clock_Hz 800000000

見ていると、すぐに最大速に上がって、すぐに落ち込む様子。

参考は、下記の通り。

  • http://solaris.sunfish.suginami.tokyo.jp/blog/2008/03/project_crossbow_beta_release.html
  • http://blogs.sun.com/mhaywood/entry/introducing_speedstep_on_solaris

サスペンド

Nevada98以降、サスペンド&レジュームが出来るようになっている。これには、/etc/power.confに下記のエントリを追加する。

S3-support enable

ただし、再起動が必須。

サスペンドとレジュームは、デバイスドライバによっては成功しないことがあるらしい。うまくいかなくなったら、意識して様子を見ると良い。

  • VirtualBoxの起動中
  • pppdの接続中
  • 無線LAN

/var/adm/messagesにログが残るのでわかりやすいですね。


コンピュータTips/Solaris

Recent Updates

SONY WH-1000XM3

自分用メモです。 ノイズキャンセラーの性能が良い。 WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを有効すると、音は聞こえないのに妙な音圧があったが、それがかなり軽減。個人的には気にならなくなった。 また、WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを無効にしても、なんか作られたような音が出ていたような気がしたが、割と普通に聞こえる。 USB-Cになったのも良い。飛行機でも使う …
»続きを読む

Catalina(10.15)

Catalina Betaを入れ始めたので、自分用のまとめ。 総じて、とても良いです。 描画遅れもないし、フレームレートも速い。かと言って、Luna Displayのような、jpeg ノイズもない。 接続は、Airplayのようなイメージで接続可能。Wi-Fiでも十分速いので、イメージとして、AppleTVでAir Playをしたかんじで接続できるため、特になにかiPad側の準備 …
»続きを読む

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

Nexus7 2013をMarshmallow(Android 6.0)化

OTAでない方法で。 だいたい ここに書いてある方法 なんだけど、adbなどが一式使えている状態で。 まずは自分の機種のものをダウンロードする。僕のは、 Android 6.0 Marshmallow for Nexus 7 2013 Wi-Fi 。tgzを展開し、zipも解いておく。 まずはboot loaderへ。 bootloader自体のアップデート。一式、updat …
»続きを読む

OS X 10.11 El Capitanで、phpのモジュールインストール

Yosemiteからのアップデートは割と簡単です。なぜならYosemite時に、すでにapache 2.4になり、php 5.5になっているから(笑 アップデート前に、まずはphp.iniとhttpd.confをバックアップしておきましょう きになるなら、hostsとかapache以下全てをバックアップしておいてもいいかも。 後はEl Capitanにアップデートする。 アッ …
»続きを読む

EasyAcc Powerbank PB4000CB

スマフォTips/モバイルバッテリー/モバイルバッテリー製品レビュー/EasyAcc Powerbank PB4000CB

薄型のモバイルバッテリーEasyAcc Powerbank PB4000CBです。 今や、モバイルバッテリーは大型のものが好まれるのか、隙間無く商品があります。20,000mAh越えで、「でけえ!」とか言ってますけど、大きいのを探せば、100Wh(27,000mAh)、200Wh当たり前、探せば500Wh(135,000mAh)とか、もっともっとあるのです。用途がどんどん異なっていくので …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初