HOME / コンピュータTips / Solaris / 設定メモ

Date: 2017/05/22 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags:

Solaris10の設定

NICの配線

デバイスネームハードウェアIPアドレス
iprb0Intel 8255xひみつ
iprb1Intel 8255xひみつ
elxl03COM 905C未接続

論理

OSSolaris 10

インストール手順

マシンのレジスト

patchあてをする前に、そのサーバをSunにレジストしなくてはならない。(アクティベーションみたいなもの)。セキュリティパッチは無料、その他は有料らしい。

残念ながらCLIのsmpatchにアクティベーション機能がない。

updatemanager

を利用して、一度レジストすれば、CLIのsmpatchでもアップデートが出来る。

従って適当なマシンから、

ssh -X -C マシン名

で、ログインでも行い、Xを飛ばすと良い。なおログイン時にrootパスワードは要求されるので、ユーザ権限で実行しても良い。

※注意:パッチが当たるのは、そのバージョンのものであって、アップグレードは別であることに注意せよ。/etc/releaseをみて、Solaris 10 11/06が現在の最新(通称u3)。

これは、CentOS等で言う、4.xのxの数字に相当するアップグレードであるが、Solarisではsmpatchではなく、Live Updateやディスクからの起動でアップデートする。

updatemanagerが無いとき

そこで、sunのサイトにいき、Sun Update Connection, System Edition 1.0.1をインストールする。

下記より、http://192.18.109.11/835-0615/835-0615.pdf

  1. Go to the Sun Download Center at http://www.sun.com/download.
    1. Click the Downloads A-Z tab.
    2. Click Sun Update Connection, System Edition 1.0.
    3. Click Download to start the download process.
      • Follow the download instructions.
    4. Download the software to a local directory on your system.
      • SPARC: updateConnection-sparc.zip
      • x86: updateConnection-i386.zip
  2. Become superuser.
  3. Go to the directory where you downloaded the file.
    • For example, if you downloaded the file to /tmp, go to /tmp.
  4. Unzip the file you downloaded.
  5. Install the Sun Update Connection, System Edition 1.0 feature update, which includes the Sun Update Manager client software.
    • Now you must access the GUI to configure your update management environment and register your system. See “How to Access the Sun Update Manager Application (GUI)” on page.44.

だ、そうである

コンソールにログインできればいいのだが、コンソールにXはないので、updatemanagerは、何らかの方法でユーザで実行する。

ユーザで実行したら、ルート権のパスワードを求められるので、そこでルートパスワードを入力する。

レジスト中に、SDCのアカウントらしきものを入力する

ソフトウェアのライセンスは、サブスクリプションキーを入力しない。

  • つまりパッチのみ。

正常に登録されたら、以後の更新は、smpatchでも良いし、updatemanagerでもよい。

パッチを当てる

smpatchコマンドを利用する。

smpatch update

をすれば、一通りなんとかなる。

パスワードポリシーの変更

パスワードのポリシーを従来のDESからMD5にする。

md5よりも頑強な暗号方式はあるが、さすがに他のシステムで互換性がないのはまずい。

  • 参照 http://docs.sun.com/app/docs/doc/819-0383/6n2qieihi?a=view

下記はマニュアルより引用。

# cat  /etc/security/policy.conf
…
CRYPT_ALGORITHMS_ALLOW=1,2a,md5
#
# Use the version of MD5 that works with Linux and BSD systems.
# Passwords previously encrypted with __unix__ will be encrypted with MD5
# when users change their passwords.
#
#
#CRYPT_DEFAULT=__unix__
CRYPT_DEFAULT=1
識別子説明アルゴリズムのマニュアルページ
1BSD システムや Linux システムの MD5 アルゴリズムと互換性のある MD5 アルゴリズム。crypt_bsdmd5(5)
2aBSD システムの Blowfish アルゴリズムと互換性のある Blowfish アルゴリズム。crypt_bsdbf(5)
md5BSD バージョンや Linux バージョンの MD5 よりも強力とされている Sun MD5 アルゴリズム。crypt_sunmd5(5)
unix従来の UNIX 暗号化アルゴリズム。policy.conf ファイルのデフォルトモジュールはこのアルゴリズムです。crypt_unix(5)

アカウント作成

先にgroupaddでjustplayerグループを作る。Solarisは標準で、useraddもgroupaddも、パスが取っていないので、フルパスで実行する。/usr/sbin/にある。

なお、justplayerグループ名はSolarisでは長すぎるとワーニングが出るが、ちゃんと作られるので気にしない。

  • jpc
    • useraddで作成。JPCルール。
  • jpcadmin
    • useraddで作成。JPCルール。
    • 作成後、UIDを0に変え、パスワードを例のものに変更する。

サービスの停止

svcsで、サービスの一覧が出るので、onlineをチェックする。やばいものを一通り落とす!

近くのマシンからこんな感じにチェックした。

nmap -P0 -O -p 1-1024 necromancer

rpcbind周りは、inetadmでチェックする。

こんなリンクがある。http://www.rinneza.com/junya/tech/solaris9_x86/security/close_service_port_004.html

svcadm -v disable telnet
svcadm -v disable ftp
svcadm -v disable rlogin
svcadm -v disable klogin
svcadm -v disable eklogin
svcadm -v disable finger
svcadm -v disable xfs
svcadm -v disable sendmail
svcadm -v disable /network/shell:default
svcadm -v disable /network/shell:kshell
svcadm -v disable rusers
svcadm -v disable rstat
svcadm -v disable autofs

レガシーサービスの停止

898/tcp open sun-manageconsoleの停止

/etc/rc2.d/S90wbem stop

このままでは再起動してくるので

cd /etc/rc2.d && mv S90wbem _S90wbem

※これが正しいアプローチなのだかわからず・・・

sshd

sshは最初から入っているので、/etc/ssh/sshd_configを書き換え、パスワード認証されないように、下記の2つを治す。

PasswordAuthentication no
PAMAuthenticationViaKBDInt no

設定を反映する前に、念のためsshでもう1本ログインをしておくと、ちょっとだけ安心。

また試すときは、締め出しを避けるために、ログインしているシェルは切らずに、別のコンソールから試す。

下記のコマンドでsshの設定が反映される。

svcadm restart ssh

ntp

/etc/inet/ntp.confを作成する。どこでも良いのだが

echo 'server ntp1.jpix.ad.jp'>/etc/inet/ntp.conf

で作成。

svcs -a | grep ntp

で動作チェックをする。動いてないのがデフォルトなので、

svcadm enable ntp

で起動を確認。

ソフトのインストール

詳しくはTips/Solarisをみよ。

  1. emacs
    • ないと困る。付随するXaw3dやungifも入れる。
  2. findutils
    • たぶんないと困る。
  3. top
    • あったらちょっと便利。

plumのインストール

Solarisのフリーソフトウェア置き場の流儀に従って、

/usr/sfw/plum

におく。

サービスアカウントの作成

91にユーザ、plumがいないことを確認。

grep 91 /etc/passwd
grep 91 /etc/group 

グループ作成

groupadd -g 91 plum

ユーザ作成

useradd -u 91 -g plum -d /usr/sfw/plum plum

※vipwで入って、シェルをつぶそう。

実行方法

実は、これで実行できるんだけど・・・・

su - plum -c 'cd /usr/sfw/plum ; ./plum &'

こんな起動スクリプトを作ってみた・・・・

/usr/sfw/plum/plum.sh {start|stop|restart}

いわゆるSVR系の実行スクリプトなので、これをrcに入れれば、実行が容易になる。

これだと、Traditionalな構造。折角Solaris10なので、サービスマネージャに登録。

/var/svc/manifest/network/以下に、networkに関係するMANIFESTファイルが存在する。このファイルをテンプレートにして、plum用のファイルを作る。

この作り方は、今回は割愛。necromancerから持って行け(汗

できあがったら、XMLが正常なのかチェック

svccfg -v validate /var/svc/manifest/network/plum.xml
echo $?

*2行目は念のため、返り値をチェック。

インポートしよう

svccfg -v import /var/svc/manifest/network/plum.xml

インポートできたかチェック・・・。

svcs -x svc:/network/plum
svcs -l svc:/network/plum

想像通りでなければ、もう一度xml編集から!

うまくいったら、起動

svcadm -v enable plum

以上。Solaris10っぽくって素敵。

Solaris Companion Disc

./installer -nodisplay
0.   [X]         [ ]              [ ]             Application/Accessibility
1.   [ ]         [ ]              [X]             Application/Editors
2.   [ ]         [ ]              [X]             Application/Networking
3.   [X]         [ ]              [ ]             Application/Publishing
4.   [ ]         [ ]              [X]             Application/Utilities
5.   [X]         [ ]              [ ]             Desktop/Environment
6.   [ ]         [ ]              [X]             Development/Languages
7.   [ ]         [ ]              [X]             Development/Libraries
8.   [ ]         [ ]              [X]             Development/Tools
9.   [ ]         [ ]              [X]             System/Daemons
10.  [ ]         [ ]              [X]             System/Emulators
11.  [X]         [ ]              [ ]             X/Applications
12.  [X]         [ ]              [ ]             X/Window Managers
[ ]  1  bluefish - HTML editor, v0.12
[X]  2  emacs - GNU Emacs Editor, v21.3
[X]  3  gawk - pattern scanning and processing language, v3.0.6
[X]  4  GNU sed - streaming editor, v3.02
[ ]  5  joe - Text Editor, v3.1
[ ]  6  vim - Vi IMproved - a programmers text editor", v6.3
[ ]  7  XEmacs - text editor, v21.4.15
[ ]  1   cups - Common UNIX Printing System, v1.1.21
[ ]  2   cupsprint - CUPS Print Suite Cluster, v1.2
[ ]  3   ethereal - A Network Protocol Analyzer, v0.10.5
[ ]  4   Fetchmail - mail retrieval and forwarding utility, v6.2.5
[ ]  5   hpijs - HP InkJet Server, v1.6
[X]  6   lynx - Web browser for cursor addressable displays, v2.8.4
[ ]  7   mutt - The mutt mail user agent, v1.4.2.1
[X]  8   nmap - Network exploration and auditing utility, v3.50
[ ]  9   nmh - new MH message system, v1.0.4
[ ]  10  openldap - Open source Lightweight Directory Access Protocol, v2.2.17
[ ]  11  openslp - SLP networked services discovery, v1.0.11
[ ]  12  pine - Program for Internet News and Email, v4.61
[ ]  13  procmail - mail processing package, v3.22
[X]  14  rsync - A faster, flexible replacement for rcp, v2.6.3.1
[ ]  15  slrn - An easy to use NNTP based newsreader, v0.9.6.2
[ ]  16  snort - open source network intrusion detection system, v2.0.0
[X]  17  tcpdump - dump traffic on a network, v3.8.3
[X]  1  gcc-2 - GNU Compiler Collection, v2.95.3
[X]  2  gcc-3.4.2 - GNU Compiler Collection, v3.4.2
[X]  3  GNU bison - a better yacc, v1.35
[X]  4  GNU m4 - macro processor, v1.4
[ ]  5  mysqlpydb - Python MySQL API, v0.9.2
[ ]  6  php - Scripting Lang. Tool for web pages (MySQL API), v4.3.2
[X]  7  ruby - Object oriented interpreted scripting language, v1.6.4
[ ]  8  samp - Solaris AMP cluster and examples, v1.0
[ ]  9  TclX - TCL Extensions, v8.2.0
[ ]  1   aalib - ASCII Art Library, v1.2
[X]  2   Berkeley DB - database library, v1.85
[X]  3   berkeleyDB - Berkeley Database Library, v4.2.52
[ ]  4   curl - tool for transfering data specified with URL syntax, v7.10.3
[ ]  5   fltk - The Fast Light Toolkit, v1.1.3
[ ]  6   fnlib - X11 font rendering library, v0.5
[X]  7   gcc-2 - GNU Compiler Collection Runtime Libraries, v2.95.3
[X]  8   gd - GD Graphics Library, v2.0.15
[ ]  9   guile - GNUs Ubiquitous Intelligent Language for Extension, v1.3.4
[ ]  10  libogg libao libvorbis - Ogg and Vorbis libraries, v1.0
[ ]  11  libpcap - A Packet Capture Library, v0.8.3
[ ]  12  libsane - Scanner libraries and utilities, v1.0.14
[ ]  13  MPEG Library - decode MPEG-1 video streams, v1.3.1
[ ]  14  ncurses - new curses library, v5.2
[X]  15  PCRE - Perl-compatible regular expression library, v4.5.0
[ ]  16  qt - C++ GUI framework, v3.1.1
[X]  17  readline - library for editing command lines, v4.2
[ ]  18  S-Lang library - for S-Lang language, v1.4.0
[ ]  19  SDL - Simple DirectMedia Layer library, v1.2.5
[X]  20  Xaw3d - ThreeD Athena Widgets, v1.5
[X]  1  autoconf - GNU autoconf utility, v2.59
[X]  2  automake - GNU automake utility, v1.8.3
[X]  3  binutils - GNU binary utilities, v2.15
[X]  4  cvs - Concurrent Versions System for version control, v1.11.17
[X]  5  ddd - GNU Data Display Debugger, v3.3.8
[X]  6  gdb - GNU source level debugger, v6.2.1
[X]  7  global - Source code tag system, v4.8
[X]  8  libtool - Generic library support script, v1.5.2
[X]  9  make - GNU make utility, v3.80
[ ]  1  Imap - mail server daemon and utilities, v2002.4
[ ]  2  proftpd - Professional FTP Daemon Server, v1.2.10
[ ]  3  squid - web proxy cache, v2.5.7
[ ]  1  lxrun - linux system call emulator, v0.9.6.1
[ ]  2  wine - Windows API for Unix, v20041104

インストール後の処理

上記ソフトは次の場所にインストールされる

/opt/sfw

PATHを通す。

/opt/sfw/bin

READMEは下記の場所に入っている

/opt/sfw/READMEs

Apacheの設定

SolarisではApacheは1と2が入っているが、apache2を利用する。

既存ディレクトリ

/etc/apache2/
/usr/apache2/

JPCローカルルールディレクトリ(RH風)

mkdir -p /etc/apache2/conf.virtualhost
mkdir -p /etc/apache2/conf.d

httpd.confの書き換え

/etc/apache2/httpd.confを書き換える。

LoadModuleの終わりに書く(RH風)

# JPC CUSTOM
 Include /etc/apache2/conf.d/*.conf
ServerAdmin sysadmin[at]justplayer.com
ServerName necromancer.justplayer.com 

AddDefaultCharsetはいろんな意味で悪さをするので、.htaccessとかで変えるのがよいとという判断。

#AddDefaultCharset ISO-8859-1

CGI、plはCGIということで・・・・。

AddHandler cgi-script .cgi .pl

ステータス系は行かす。ただしJPC内からのみ

<Location /server-status>
    SetHandler server-status
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from 61.197.171.160/29
</Location>
<Location /server-info>
    SetHandler server-info
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from 61.197.171.160/29
</Location>

とりあえず・・・

DirectoryIndex index.php index.cgi index.html index.html.var

SSLは別ファイルで呼ぶので、ここではコメントアウト

#<IfModule mod_ssl.c>
#    Include /etc/apache2/ssl.conf
#</IfModule>

Nameベースのバーチャルホスト。

NameVirtualHost *:80
Include "/etc/apache2/conf.virtualhost/common_settings"
Include "/etc/apache2/necromancer.justplayer.com.conf"
Include "/etc/apache2/conf.virtualhost/*.conf"

common_settingsは、VirtualHost群に対するデフォルト設定群。なお、ここにはssl.conf系は入らない。またconf.virtualhost以下には、ホスト名FQDN.confという名前で、VirtualHostを作るルール。ただし、Apache2は最初の一つめを、HTTP RequestでHost:エントリがないときに答えるデフォルトホストとするので、しかるべきファイルを外に追い出す。上記例では、逆引きホスト名のものが置かれているが、そうとは限らない。ポリシーに依存する。また、このファイルはconf.virtualhost以下のものと同等のフォーマットであり、状況によって変えられるものとする。

制御

コンフィグテスト

/usr/apache2/bin/apachetcl configtest

サービスを有効にする

svcadm enable apache2

サービスを無効にする。

svcadm disable apache2

サービスをリスタートする。

svcadm restart apache2

graceful!

/usr/apache2/bin/apachectl configtest && /usr/apache2/bin/apachectl graceful

※Solarisでは、有効、無効は、再起動後にも影響を及ぼす。

phpのインストール

Companion Discからインストールされた、php、SAMP(Solaris,Apache,MySQL,PHP)パッケージは、apache1系を前提に作成されたものである。

従ってこれらはアンインストールする。

pkgrm SFWsampc
pkgrm SFWmphp

php-4.4.2をインストール((php5系は互換がないのでWikiPlus等もすべてphp4で書いている))。

注意

残念なことに、RedhatEnterpriseと違って、phpのパッケージは提供されていない。従って、phpの4.4系を追う必要がある。

php-4.4.2を展開し、BUILD.shを作る。

BUILD.sh

#!/bin/sh
 ./configure \
 --prefix=/usr/local/php4 \
 --with-apxs2=/usr/apache2/bin/apxs \
 --enable-mbstring \
 --enable-mbstr-enc-trans \
 --enable-mbregex \
 --enable-zend-multibyte \
 --with-config-file-path=/usr/local/etc \
 --with-config-file-scan-dir=/usr/local/etc/php.d \
 --disable-debug \
 --enable-inline-optimization \
 --with-bz2-dir=/usr/sfw/lib \
 --with-zlib-dir=/usr/sfw/lib \
 --with-jpeg-dir=/usr/local/lib \
 --with-png-dir=/usr/local/lib \
 --with-gd \
 --with-ttf \
 --enable-gd-native-ttf \
 --with-gettext \
 --with-iconv \
 --with-pspell \
 --with-regex=system \
 --with-xml \
 --with-libxml-dir=/usr/local/lib

gmake
gmake install

なお、今回は面倒なのでconfigureで下記を入れなかった。

--with-mysql=/usr/local/lib/mysql \
--with-mysql-sock=/tmp/mysql.sock \
--with-pgsql=shared \
--with-pgsql

php.iniの初期化

まずはファイルをコピー。

mkdir -p /usr/local/etc/php.d
cp php.ini-dist /usr/local/etc/php.ini

php.iniはこう直す。

ショートタグは無効にする。xml使うときにウザイから。

short_open_tag = Off

WARNINGは全部出してみる。へたれプログラムは動きませんが・・・

error_reporting  =  E_ALL

ただし、画面にはerrorは出しません。社内サーバならばOKですが・・・。

display_errors = Off

そのかわりログを残す。

log_errors = On

デフォルトのまますが、確認。

register_globals = Off

POSTのMAXサイズ。デフォルトは8M。あまりでかいとまずいこともある。

post_max_size = 64M

実は、これもPOSTMAXにあわせて増やさないと、POSTで上げられるファイルの上限が縛られる。

upload_max_filesize = 64M

mbstring系、これが一番とは限らない。意味を読め。

mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = EUC-JP
mbstring.http_input = auto
mbstring.func_overload = 7

php.confの作成

/etc/apache2/conf.d/以下に、php.confを作る。特別な理由はないので、こんな感じで・・・・

LoadModule php4_module        libexec/libphp4.so
AddType application/x-httpd-php        .php
AddType application/x-httpd-php-source .phps

PATHについて

歴史があるのでちと複雑。

/bin,/usr/binPOSIXのデフォルト的なもの
/sbin,/usr/sbinPOSIXのデフォルト的なスーパーユーザ用
/opt/sfw/binオプションで追加されるソフト。Companion Disc系など。ディストリビュータが追加するもの
/usr/sfw/binSunがSolarisのディスクの中で追加したフリーソフト。
/usr/ccsSunの開発系?
/usr/ucbバークレーからのもらい物系
/usr/dt,/usr/openwin,/usr/X11X系
/usr/local/bin管理者が自分自身の出てコンパイルしたもの。SunSiteのもの

Proftpd

とりあえず、境界線上ということでftpdをたててみた。

Companion DiscにproftpdのVer.1.20が入っていたのだが、気がつかず1.3.0をインストールしてしまったので、そのままになっている。

srcコンパイル系は次の場所に置く。

cd /jpc/jpcadmin/src/

下記のサイトからダウンロード

ftp://ftp.jp.proftpd.org/proftpd/distrib/source/

2006年2月の段階では1.3.0rc3を利用する。

ftp://ftp.jp.proftpd.org/proftpd/distrib/source/proftpd-1.3.0rc3.tar.bz2

rcなのでリリースされたら新しいものを使おう

Build

./configure
gmake
gmake install

ポリシー

  • ftpユーザはすべてバーチャルでありたい。
  • ftpユーザのUID/GIDは何れもftpclientとする。
  • /home/ftpclient/ユーザ名に置く。
  • Quotaどうする?

設定ファイル

/usr/local/etc/proftpd.conf

ServerName                      "mephisto.justplayer.com"
ServerType                      standalone
DefaultServer                   on
Port                            21
Umask                           022
MaxInstances                    30
User                            nobody
Group                           nobody
DefaultRoot                     ~
UseReverseDNS                   off
AllowStoreRestart               on
AllowRetrieveRestart            on
IdentLookups                    off
RootLogin                       off

AllowOverwrite                  on

AuthUserFile                    /usr/local/etc/ftppasswd

RequireValidShell               off

# Administrative users cannot log in.
<Limit LOGIN>
        DenyUser                root,daemon,bin,sys,adm,lp,uucp,nuucp,smmsp,listen,gdm,webservd,nobody,noaccess,nobody4,jpc,jpcadmin,plum,rotoold,irc
</Limit>

<Directory /home/*/>
        HideNoAccess            on
</Directory>
  • パスワードをつけたアカウントは、ftpでログインできてしまうので気をつけて。
  • ftpでログインさせたくないアカウントはLimit LOGINで指定すること。
  • DenyUserは、さき下記のように抽出した。
cat /etc/passwd | awk -F: '{print $1}' | xargs | sed 's/\ /,/g'

/usr/local/etc/passwd

justplayer:$1$c75rhAEd$CxPSv03xAJuMpUEkX6Di/.:2000:2000::/home/ftpclient:
heiwa:$1$97PcsErk$90x7IWLbqAV9Dsus2EAJ10:2000:2000::/home/ftpclient/heiwa:
  • 作ったftpユーザのPasswordは、ここで設定する。
  • 全員Virtual Userなので、実際のUID/GIDはftpclient/ftpclientである。
  • justplayerは、上位のディレクトリを参照する。したがって受け取りは自由である。

自動起動

Solaris10らしくMANIFESTを作る。

/var/svc/manifest/networkに行くとftp.xmlがあるので、まねて作った。

<?xml version='1.0'?>
<!DOCTYPE service_bundle SYSTEM '/usr/share/lib/xml/dtd/service_bundle.dtd.1'>

<!--
        Copyright 2004 Sun Microsystems, Inc.  All rights reserved.
        Use is subject to license terms.

        ident   "@(#)proftp.xml 1.4     04/12/09 SMI"

        NOTE:  This service manifest is not editable; its contents will
        be overwritten by package or patch operations, including
        operating system upgrade.  Make customizations in a different
        file.

        Service manifest for proftpd
-->

<service_bundle type='manifest' name='proftpd'>

<service
        name='network/proftp'
        type='service'
        version='1'>

        <create_default_instance enabled='false' />

        <exec_method
                type='method'
                name='start'
                exec='/usr/local/sbin/proftpd'
                timeout_seconds='60'>
                <method_context>
                        <method_credential user='root' group='root' />
                </method_context>
        </exec_method>

        <exec_method
                type='method'
                name='stop'
                exec=':kill'
                timeout_seconds='60'>
        </exec_method>

        <stability value='Unstable' />

        <template>
                <common_name>
                        <loctext xml:lang='C'>
                                ProFTP server
                        </loctext>
                </common_name>
                <documentation>
                        <manpage title='proftpd' section='1M'
                            manpath='/usr/local/man' />
                </documentation>
        </template>

</service>

</service_bundle>

上記のproftpd.xmlファイルが正しいかどうかチェック

svccfg -v validate /var/svc/manifest/network/proftpd.xml
echo $?

インポート

svccfg -v import /var/svc/manifest/network/proftpd.xml

状況チェック

svcs -x network/proftp

Enableにする(今起動&自動起動)

svcadm enable proftp

動いているのを再び確認。

svcs -x network/proftp

発効ID

このftpサーバでは、/usr/local/etc/ftppasswdに記載するのがルールとする。また、ユーザアカウントは同一とし、chrootをすることでセキュリティを保つ。

Sun Studio 11

Sun Studio 11をダウンロードして展開。

インストーラを起動。

./install

開発環境ではないので、こんな感じ・・・((そこまで根拠がない))。

    No Install  Default Install  Custom Install  Product
    ----------  ---------------  --------------  -------
0.  [X]         [ ]              [ ]             Solaris patches
1.  [ ]         [ ]              [X]             Sun Studio Software
2.  [X]         [ ]              [ ]             Documentation
3.  [X]         [ ]              [ ]             Source Distribution
4.  [ ]         [X]              [ ]             Sun Performance Library
5.                                               Done

オプションは、こんな感じ((これもそこまで根拠はない))。

[X]  1   Compilers C
[X]  2   Compilers C++
[ ]  3   Compilers Fortran 95
[ ]  4   Demos
[X]  5   External editors
[X]  6   Garbage Collectors
[ ]  7   IDE
[X]  8   Performance Tools
[X]  9   Standalone Tools: Building Software
[ ]  10  Standalone Tools: DBX Debugging Tools
[ ]  11  Sun Studio 11 Demos
[ ]  12  X-designer

インストールはこんな感じで完了。

一応最後に言われるのはこんな事。

The installation and licensing log files are located at /var/sadm/install/logs.
To view a log file, type at the prompt:
% cd /var/sadm/install/logs; more <filename> 

The installed product contains Update Notification, a feature that checks 
a web service at Sun Microsystems and informs you of relevant updates.
Please refer to the Release Notes for further information.

If you installed any component of the Sun Studio 11  developer tools on a
network server, you can use the email template  /<install-
directory>/SUNWspro/READMEs/email_template.txt to send getting  started
information to the developers who use the network-installed software.

こんな感じで、pathを追加しておく。

setenv PATH     "${PATH}:/opt/SUNWspro/bin:/usr/ccs/bin:/usr/ucb:/usr/sfw/bin:/opt/sfw/bin:/usr/local/bin:/usr/sbin"

Perl

標準のものを使うには、Studio11が必要。

なぜかというと標準のPerlは、Forte Cを使ってコンパイルされており、Perlのモジュール追加((特にCライブラリを含むもの))には、コンパイルされた環境を要求するからである。

ForteCをインストールしたくない場合は、標準のものではなく、gccでコンパイルされたSunSITEのPerlを利用するのがよい。


コンピュータTips/Solaris

Recent Updates

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

Nexus7 2013をMarshmallow(Android 6.0)化

OTAでない方法で。 だいたい ここに書いてある方法 なんだけど、adbなどが一式使えている状態で。 まずは自分の機種のものをダウンロードする。僕のは、 Android 6.0 Marshmallow for Nexus 7 2013 Wi-Fi 。tgzを展開し、zipも解いておく。 まずはboot loaderへ。 bootloader自体のアップデート。一式、updat …
»続きを読む

OS X 10.11 El Capitanで、phpのモジュールインストール

Yosemiteからのアップデートは割と簡単です。なぜならYosemite時に、すでにapache 2.4になり、php 5.5になっているから(笑 アップデート前に、まずはphp.iniとhttpd.confをバックアップしておきましょう きになるなら、hostsとかapache以下全てをバックアップしておいてもいいかも。 後はEl Capitanにアップデートする。 アッ …
»続きを読む

EasyAcc Powerbank PB4000CB

スマフォTips/モバイルバッテリー/モバイルバッテリー製品レビュー/EasyAcc Powerbank PB4000CB

薄型のモバイルバッテリーEasyAcc Powerbank PB4000CBです。 今や、モバイルバッテリーは大型のものが好まれるのか、隙間無く商品があります。20,000mAh越えで、「でけえ!」とか言ってますけど、大きいのを探せば、100Wh(27,000mAh)、200Wh当たり前、探せば500Wh(135,000mAh)とか、もっともっとあるのです。用途がどんどん異なっていくので …
»続きを読む

EC Technology Sports Headsets S10-JWH07B

デバイスTips/Bluetooth/EC Technology Sports Headsets S10-JWH07B

Bluetoothのスポーツヘッドセット、 S10-JWH07B について。 今までブログに記載することはなかったのですが、実は割とBluetoothと言うか無線型のヘッドフォンを沢山持っています。赤外線や独自物、Bluetoothなどいくつもストックを持っていたりします。普通の人からするとマニアです。でも、マニアからみるとそうでもないレベルです。 ただ「ヘッドフォンの音質」というの …
»続きを読む

静岡県内をVPNでつなぐ(割と特殊な例)

静岡というのはある意味特殊な土地で、ほとんどのインターネットプロバイダのPOIは静岡でつながれておらず、NTT西圏内のどこかで繋がっているので、大抵大阪折り返しになる。仮に静岡県内にPOIがあっても、だいたい静岡でルーティングしてないので、やっぱり東京折り返しになってたりする。例え 同じプロバイダを使っていたとしても 。 だから静岡←→静岡のVPNは、静岡←→東京や、静岡←→大阪よりも遅 …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初