HOME / コンピュータTips / Solaris / ディスクキャッシュの操作

Date: 2009/12/18 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags: Solaris, OpenSolaris, キャッシュ, 有効, 無効, raidctl, コントロール, ライトキャッシュ, リードキャッシュ

ハードウェア RAID の時

RAIDの状態を確認する

pfexec raidctl -l

例)

Controller: 8
        Volume:c8t1d0
        Disk: 0.2.0
        Disk: 0.9.0

RAIDボリュームとしてc8t1d0があるのが確認できる。この状態を確認する

pfexec raidctl -l c8t1d0
Volume                  Size    Stripe  Status   Cache  RAID
         Sub                     Size                    Level
                Disk                                    
----------------------------------------------------------------
c8t1d0                  1.8T    N/A     OPTIMAL  OFF    RAID1
                0.9.0   1.8T            GOOD    
                0.2.0   1.8T            GOOD    

キャッシュがOFFになっていることがわかる。

ONにする。

pfexec raidctl -p wp=on c8t1d0

出力)

Update attribute of array c8t1d0 (yes/no)? yes
Set attribute of RAID volume c8t1d0 successfully.

再び確認する

pfexec raidctl -l c8t1d0      

出力)

Volume                  Size    Stripe  Status   Cache  RAID
        Sub                     Size                    Level
                Disk                                    
----------------------------------------------------------------
c8t1d0                  1.8T    N/A     OPTIMAL  ON     RAID1
                0.9.0   1.8T            GOOD    
                0.2.0   1.8T            GOOD    

実は、この結果をiostatのログでみせようと思っていたのですが、データを取り忘れました。

結果的に、

iostat -Yn 1

等としておき、%b、%w、wsvc_t、asvc_tの値に注目しておきます。

これは、それぞれ平たく言うと

  • %b
    • ディスクのビジー率。これが100%になっていると、つまりディスクへのアクセスが、ほとんど毎度ブロックされてることを意味する。
  • asvc_t
    • 平均サービス時間。ミリ秒で表記され、これが3桁を越えてる間は、ディスクへのトランザクションサービスタイムがもの凄く時間が掛かってることを意味している。
  • %w
    • サービス待ちに陥る割合、0%だとディスクに対してすぐにアクセスできるが、これが上がっていると、毎度待たされていることになる。
  • wsvc_t
    • 待ちキューに入っているものの平均待ち時間。これが大きいって事は、ディスクIOが重くてがなかなか空かないってことです。

です。

Write Cacheを有効にすると、%b、%wの値が100に張り付くことが、少なくなるかんじです。

参考情報

  • http://docs.sun.com/app/docs/doc/819-1211/raidctl-1m?l=Ja&a=view

単品のディスクの時

単品ディスクの時はformatコマンドに、exportオプション(-e)をつけて設定します。formatコマンドは非常に危険なので、ご注意。

cacheのコントロールが効かないアダプタや、ディスクもあります。

pfexec format -e
Searching for disks...done


AVAILABLE DISK SELECTIONS:
       0. c3d0 <DEFAULT cyl 15586 alt 2 hd 255 sec 63>
          /pci@0,0/pci-ide@1f,1/ide@0/cmdk@0,0
       1. c4t0d0 <DEFAULT cyl 60797 alt 2 hd 255 sec 63>
          /pci@0,0/pci17aa,20a7@1f,2/disk@0,0
Specify disk (enter its number): 1
selecting c4t0d0
[disk formatted]
/dev/dsk/c4t0d0s0 is part of active ZFS pool rpool. Please see zpool(1M).


FORMAT MENU:
        disk       - select a disk
        type       - select (define) a disk type
        partition  - select (define) a partition table
        current    - describe the current disk
        format     - format and analyze the disk
        fdisk      - run the fdisk program
        repair     - repair a defective sector
        label      - write label to the disk
        analyze    - surface analysis
        defect     - defect list management
        backup     - search for backup labels
        verify     - read and display labels
        save       - save new disk/partition definitions
        inquiry    - show vendor, product and revision
        scsi       - independent SCSI mode selects
        cache      - enable, disable or query SCSI disk cache
        volname    - set 8-character volume name
        !<cmd>     - execute <cmd>, then return
        quit

ここの一覧にcacheがあればサポートされています。

format> cache

cacheと入力します。

CACHE MENU:
        write_cache - display or modify write cache settings
        read_cache  - display or modify read cache settings
        !<cmd>      - execute <cmd>, then return
        quit
cache> write_cache

write_cacheread_cacheが選べます。ここではwrite_cacheを選びます。

WRITE_CACHE MENU:
        display     - display current setting of write cache
        enable      - enable write cache
        disable     - disable write cache
        !<cmd>      - execute <cmd>, then return
        quit
write_cache> display

displayで現状が表示できます

Write Cache is enabled
  • enable
    • CacheをEnableにします
  • disable
    • CacheをDisableにします

コンピュータTips/Solaris

Recent Updates

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

Nexus7 2013をMarshmallow(Android 6.0)化

OTAでない方法で。 だいたい ここに書いてある方法 なんだけど、adbなどが一式使えている状態で。 まずは自分の機種のものをダウンロードする。僕のは、 Android 6.0 Marshmallow for Nexus 7 2013 Wi-Fi 。tgzを展開し、zipも解いておく。 まずはboot loaderへ。 bootloader自体のアップデート。一式、updat …
»続きを読む

OS X 10.11 El Capitanで、phpのモジュールインストール

Yosemiteからのアップデートは割と簡単です。なぜならYosemite時に、すでにapache 2.4になり、php 5.5になっているから(笑 アップデート前に、まずはphp.iniとhttpd.confをバックアップしておきましょう きになるなら、hostsとかapache以下全てをバックアップしておいてもいいかも。 後はEl Capitanにアップデートする。 アッ …
»続きを読む

EasyAcc Powerbank PB4000CB

スマフォTips/モバイルバッテリー/モバイルバッテリー製品レビュー/EasyAcc Powerbank PB4000CB

薄型のモバイルバッテリーEasyAcc Powerbank PB4000CBです。 今や、モバイルバッテリーは大型のものが好まれるのか、隙間無く商品があります。20,000mAh越えで、「でけえ!」とか言ってますけど、大きいのを探せば、100Wh(27,000mAh)、200Wh当たり前、探せば500Wh(135,000mAh)とか、もっともっとあるのです。用途がどんどん異なっていくので …
»続きを読む

EC Technology Sports Headsets S10-JWH07B

デバイスTips/Bluetooth/EC Technology Sports Headsets S10-JWH07B

Bluetoothのスポーツヘッドセット、 S10-JWH07B について。 今までブログに記載することはなかったのですが、実は割とBluetoothと言うか無線型のヘッドフォンを沢山持っています。赤外線や独自物、Bluetoothなどいくつもストックを持っていたりします。普通の人からするとマニアです。でも、マニアからみるとそうでもないレベルです。 ただ「ヘッドフォンの音質」というの …
»続きを読む

静岡県内をVPNでつなぐ(割と特殊な例)

静岡というのはある意味特殊な土地で、ほとんどのインターネットプロバイダのPOIは静岡でつながれておらず、NTT西圏内のどこかで繋がっているので、大抵大阪折り返しになる。仮に静岡県内にPOIがあっても、だいたい静岡でルーティングしてないので、やっぱり東京折り返しになってたりする。例え 同じプロバイダを使っていたとしても 。 だから静岡←→静岡のVPNは、静岡←→東京や、静岡←→大阪よりも遅 …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初