HOME / コンピュータTips / Solaris / Solaris11の購入方法

Date: 2015/04/02 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags: Solaris, Solaris11, 購入方法

Solaris11の入手方法、購入方法をまとめてみました(2015年4月更新)

Solaris 11の入手方法とダウンロード

Solaris11の入手は、ウェブから無料でダウンロードできます。ダウンロードはここからできます

ライセンス

OTN ライセンスです。日本語版の文面があるので、一度はちゃんと見るべきでしょう。

いわゆる商用のライセンスなのですが、無料で利用できる範囲には制限があります。

部分的に引用すると、

  • アプリケーションの開発、テスト、プロトタイプ作成、及びデモンストレーションの目的
    • アプリケーションが、データ処理、業務、商用、本番利用、その他のいかなる目的にも使用されたことがない場合に限られます。

だそうです。まあ、商売で使うなら買ってよ!という感じのよくあるライセンスです。個人で「開発しながら自宅鯖」を使うには無料なんですかね?個人で「自宅鯖を運用」するなら無料で使えないかも知れませんが。

ちなみに、Oracleのハードウェアをサポート付きで買えば、サブスクリプション含めて利用できるようです。

サブスクリプションとパッチとサポート

サブスクリプション契約を結ぶ(≒購入する)と、商用で本番運用などができるようになります。

要は普通の商用OSのように「パッチを手に入れてちゃんと運営したいならば買いましょう」ってことみたいです。個人でも買えるみたいですね。

OSのパッチは、サブスクリプションについてくるので、セキュリティ上は必須です。個人的には、「サブスクリプションとパッチは欲しいけどサポートはいらない版」が、もっと安く欲しいんですけどね。

提供形態はpkgコマンドでのアップデートです。SRUという名前の「概ね月次パッチ集」の単位で配布され、pkgコマンドがアクセスするレポジトリサーバが、お金を払わないと見れない「support」と言われる方を向くように設定できるようになります。この辺はあとで解説します。

購入方法(サブスクリプション)

Solaris 11のサブスクリプション購入方法です。

まず、動作確認はしておきましょう。これを購入する場合は、SPARCではなく、いわゆるPCのx64アーキテクチャのサーバになります。先に自分のサーバで動くかどうか、OTNライセンスの範囲で動作確認をしておく必要があります。

購入はこちらからOracle Solaris Premier Subscription for Non-Oracle Hardwareという名前の商品を探します。

お値段は、Oracle Solaris Premier Subscription for Non-Oracle Hardwareに掲載の通りですが、これを書いてる時点(2015年3月)で1CPUあたり年間108,696円。2CPUだと2倍。コア数制限はなし。

Solaris ZonesやKernel Zoneで、仮想サーバはいくつでも作れます。CPU数制限以外の機能制限はありません。

私の場合は、WINDOWS、Redhat Enterprise Linux、Solarisの3つのOSを毎度選ぶことになりますが。RHELよりは安く、WINDOWSよりは高いって感じですね。

購入後の手続き

クレジットカードで買えば、今すぐパッチサーバににアクセスができるかというと、そうでもありません。

ウェブから購入すると、

  • Oracle Storeでのご注文(XXXXXXXX) - 確認済み

という、タイトルのメールが届きます。そこには、注文番号CSI番号-ソフトウェア/サービスという番号があります。ちなみに、私は日本語と英語の2通がとどきました。

このCSI番号が重要です。

しばらくすると、次のメールが届きます

  • Oracle Storeでのご注文(XXXXXXXX) - 処理済み

アクセス権のリクエスト

My Oracle Supportにアクセスします。

次に、詳細 - 設定を開き、管理メニューのユーザの管理を選びます。この中で自分を選択すると、すぐしたの「ユーザー詳細を表示」が出てきます。

ここで「アクセスのリクエスト」をクリック、そこにサポートIDを入力する場所があるのでCSI番号を入力します。サポートID、つまりCustomer Support IDのこと。つまりCSI=サポートIDのようです。

数時間(営業日での・・・かな?)すると、下記の様なメールがきます。

  • Approved: Request to add Support Identifier to おなまえ's profile in My Oracle Support.

これで権限が付与されたハズです。

pkg-register

サブスクリプションを購入したいという人は、ほとんどの人がイコール、パッチを手に入れたかったのだと思います。

まずはpkg-registerからアクセスし、証明書をゲットします。

ここは迷うことは無いとは思いますが、

  1. 必要なライセンスのラジオボタンをチェックする
  2. 申し込むときに適当なコメントを入れる。
  3. 鍵が発効される。

あとは、pkgコマンドで鍵のペアを登録すれば、すぐに使えます。

鍵と証明書をデスクトップにダウンロードしたら、

sudo mkdir -m 0755 -p /var/pkg/ssl
sudo cp -i ~/Desktop/Oracle_Solaris_Support.key.pem /var/pkg/ssl
sudo cp -i ~/Desktop/Oracle_Solaris_Support.certificate.pem /var/pkg/ssl

鍵の登録とレポジトリをサポートレポジトリに変更をする。

sudo pkg set-publisher \
-k /var/pkg/ssl/Oracle_Solaris_Support.key.pem \
-c /var/pkg/ssl/Oracle_Solaris_Support.certificate.pem \
-O https://pkg.oracle.com/solaris/support solaris

パッケージアップデートで最新版にアップデートしましょう。

sudo pkg update -v

こんな感じです。

ちなみに、有効なCSIを持っている間、Show Detailsからいつでも鍵をダウンロードすることができます。インストールベースに対して1つづつ個別の鍵があるのではなく、申請したユーザに対して1つづつのような気がします。僕のCSIは複数登楼されていますが、ダウンロードできる鍵はいつも一緒なので。

昔は、必要な分、個別の鍵を発効していたようですが、技術的には鍵をコピーしてしまえばどのマシンでもpkgコマンドは動きますしね。

とりあえず、必要な分、正しくサブスクリプションは契約しましょう。

Solarisがずっと続くためにもね。

My Oracle Supportからisoファイルをダウンロードする方法

上部のタブからパッチと更新版を選びます。

次に、パッチ検索から、製品またはファミリ(拡張)を選択し、製品欄にSolaris Operating Systemと入力します。途中まで入力するとオートコンプリートします。

リリースをOracle Solaris 11 Operation Systemを選択します。当然、Solaris10のリコメンドパッチ、、Solaris 11 ExpressなどのSRUも検索に入れることはできます。

最後にプラットフォームを選び、実際の必要なプラットフォーム(SPARCとかx64とか・・・)を選び、検索ボタンを押します。

検索後、次の物などが入手できます。

  1. Solaris 10のリコメンドパッチ
  2. Solaris 11 ExpressのSRUのレポジトリのisoイメージ、SRUが最初から当たったインストール用isoイメージ。
  3. Solaris 11 のSRUのレポジトリのisoイメージ、SRUが最初から当たったインストール用のisoイメージ。

なお、レポジトリのisoファイルからSRUが当たったレポジトリが作れるため、LAN内のサーバでもばっちりパッチ当てができます。

ライセンスを更新するには?

更新という概念がないみたいで、期限が切れないようにうまくつなげて買っていくだけみたいです。

実質的な事を言うと、切れ目無くpkg-registerに繋がるかどうか?ということなのですが。

ただそれと、pkg updateができる期間に抜けができるかどうかは、別の問題なんですよね。


コンピュータTips/Solaris

Recent Updates