HOME / 日記 / OpenSolaris、Solaris(予定)のVPSレンタルサーバ、Phase2Serverについて(の本音(笑))

Date: 2009/04/06 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags: Solaris, OpenSolaris, VPS, レンタルサーバ, Phase2Server

OpenSolaris、Solaris(予定)のVPSレンタルサーバ、Phase2Serverについて(の本音(笑))

始めた理由は簡単で、OpenSolaris OSのVPSがどうも少ないからです。

先日の日記に、最近はコンピュータをレンサバから学ぶ人もいるよねと、そんな感じのことを書いたわけですが、やっぱりそうなると、OpenSolarisのレンサバが増えないかなぁと。

そこで安くVPSレンサバが作れるようにOpenSolarisの仮想化ツールなるDimensionPlusを作ったりして(これは商用でありつつ、かつオープンソース化したいと思っている)、誰かやってくれたらいいなぁと内心、思っていたりするのです。

注意:DimensionPlusは仮想化のエンジンで、Phase2Serverはそれを利用したVPSサービスです。

なぜそこまでOpenSolarisに?と思う方も居ると思うのですが、私はOpenSolarisはWEBサービスにはとても向いていると思っているのです。色々なOSを使ってきて、WEBに一番向いてそうだというのがこれです。理由はいくつかあるんですが、シンプルなところを。

Solaris Container

これはDimensionPlusやPhase2Serverの基盤となる技術です。リソースの再利用率と管理機能が良いのが特徴です。まず、リソースの再利用率が高いと言うことは、当然、コストを下げることが出来ます。1台の収容率を上げることが出来るからです。ハイパーバイザ型の仮想化に比べて、コンテナ型が現実解として良いのは、Virtuozzoの採用例が多いことからもわかりますよね。稼働率が高い方がコストを下げられますから、安価にサービスが提供できるわけです((もっとも、ここは丁度スケールメリットがでる部分なので、ウチよりも大きな所の方が向いてるわけですが))。

ただ普通コンテナの場合、Kernelが1つなので、誰か1人が猛烈に負荷をかけると、他の人が壊滅的に遅くなりますよね。Solarisは元々、リソース管理機能が強力なので、VPSにありがちな、誰かが負荷をかけると誰かももの凄く遅くなる・・・というようなことが少ないわけです。

また、権限管理も明確に出来るのでセキュリティも高めに設定できるのがメリットです。

DimensionPlusでは、GlobalZoneとVPSのインスタンスであるnon GlobalZoneがIP的に分離されているので、non GlobalZoneが浸食されても、GlobalZoneまで波及する可能性がほとんど無い。その中で、仮想マシンの外からしか設定できないことが様々あるので、同じマシンやお隣にいる仮想マシンのユーザが悪意があっても、防御しやすいのです(ここは、真面目に書くと長いので割愛)。簡単に言えば、VPSのインスタンスの世界の外から様々なブロック機構が働くと考えてもらえばいいでしょうか。

ZFS

ZFSにはSnapshotという概念があるので、ある段階のファイルを簡単に救出したり、巻き戻したりすることが出来ます。多人数でWEB開発すると、ある段階で誰かがファイルを壊してしまったり、あるいは誰かがDreamweaverとかで強制的にUploadしてしまったりしますよね。

ZFSの機能で、定期的にSnapshotが取られているので、ある段階の物を簡単にもってきたり、その段階に簡単に戻すことが可能です。これはもし、ハッキングされても、その防御にも役立ちます。

また、ZFSには様々な機構があり、ネット越しにバックアップが取りやすいメリットもあります。

さらに、多人数で利用すると、OSのコアの部分は共通であることが多くあります。その部分をそれぞれディスクとして取っておくと、非常に余剰があります。これもまた歩留まりに繋がるのですが、無用なディスクを利用しないメリットがあります(白状すると、現時点のバージョンのDPは、この部分の機構がOpenSolarisのバージョンアップとMergeしたときに動かなくなった))。

書ききれないほどあるのですが、結構向いていると思いませんか?

その他

他にも色々あるのですが、力尽きてきたのでこの辺で。

何かしら自由なことを求めていくと、VPSがやっぱりユーザとしても手頃ですよね?。

SolarisのVPSも初めても良いのですが、DimensionPlusでSolarisに対応するのは、そこそこ苦労することはわかっているので、今はちょっと様子見中なのです。

Solarisの次はOpenSolarisをベースにするらしいですし、今はSunのStorageも中はOpenSolarisベースですから。そろそろ安定フェーズに入っていると考えているのですよ。ちゃんとチューニングすると、OpenSolarisは。

是非、使ってみてくださいね。

  • http://www.justplayer.ne.jp/


日記

Recent Updates

SONY WH-1000XM3

自分用メモです。 ノイズキャンセラーの性能が良い。 WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを有効すると、音は聞こえないのに妙な音圧があったが、それがかなり軽減。個人的には気にならなくなった。 また、WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを無効にしても、なんか作られたような音が出ていたような気がしたが、割と普通に聞こえる。 USB-Cになったのも良い。飛行機でも使う …
»続きを読む

Catalina(10.15)

Catalina Beta を入れ始めたので、自分用のまとめ。 2019/10/8、Catalinaが振ってきたので製品版用に記載を変えました。 32bitアプリを確認すること。 Activity Monitorで32bitアプリがわかるので、そういうアプリがあるなら代替品を見つけておくこと。 /etc以下のいくつかのファイルをバックアップしておくこと。 /etc …
»続きを読む

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

Nexus7 2013をMarshmallow(Android 6.0)化

OTAでない方法で。 だいたい ここに書いてある方法 なんだけど、adbなどが一式使えている状態で。 まずは自分の機種のものをダウンロードする。僕のは、 Android 6.0 Marshmallow for Nexus 7 2013 Wi-Fi 。tgzを展開し、zipも解いておく。 まずはboot loaderへ。 bootloader自体のアップデート。一式、updat …
»続きを読む

OS X 10.11 El Capitanで、phpのモジュールインストール

Yosemiteからのアップデートは割と簡単です。なぜならYosemite時に、すでにapache 2.4になり、php 5.5になっているから(笑 アップデート前に、まずはphp.iniとhttpd.confをバックアップしておきましょう きになるなら、hostsとかapache以下全てをバックアップしておいてもいいかも。 後はEl Capitanにアップデートする。 アッ …
»続きを読む

EasyAcc Powerbank PB4000CB

スマフォTips/モバイルバッテリー/モバイルバッテリー製品レビュー/EasyAcc Powerbank PB4000CB

薄型のモバイルバッテリーEasyAcc Powerbank PB4000CBです。 今や、モバイルバッテリーは大型のものが好まれるのか、隙間無く商品があります。20,000mAh越えで、「でけえ!」とか言ってますけど、大きいのを探せば、100Wh(27,000mAh)、200Wh当たり前、探せば500Wh(135,000mAh)とか、もっともっとあるのです。用途がどんどん異なっていくので …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初