HOME / 日記 / VirtualBoxのVer 3 BETA1

Date: 2009/06/17 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags: Solaris, OpenSolaris, VirtualBox Ver3, Direct3D, SMP, 2CPU, suspend/resume

VirtualBoxのVer 3 BETA1

嬉しい対応がいくつもありますね

  • SMP対応
  • WindowsゲストのDirect3D対応
  • Solaris/OpenSolarisホストの、サスペンド・レジューム対応。

いままで、VirtualHostでWindowsを動かしていると、レジュームが失敗してたんですよね。それがめでたく対応。

ブート環境を作っておきます・・・

pfexec beadm create opensolaris-20090617

自分のVirtualBoxのイメージにSnapshotをとっておく。

pfexec zfs snapshot -r rpool/export/vm/WindowsXP@20090617 

現在のVirtualBoxのアンインストール

pfexec pkg uninstall -v virtualbox virtualbox/kernel

ダウンロード

  • http://download.virtualbox.org/virtualbox/3.0.0_BETA1/

インストール・・・

pkgadd -d 割愛

しようと思ったけど・・・こんなのが出てきてインストールに失敗する・・・なにこれ?

VirtualBox's Zone Access service appears to still be running.

こいつ?

svcs -a | grep zone
disabled       12:54:13 svc:/application/virtualbox/zoneaccess:default
online         12:54:38 svc:/system/zones:default

多分これ・・・(笑)ゴミのこってるようです・・・

SMFに残ったごみを消す・・・

svccfg 
svc:> delete svc:/application/virtualbox/zoneaccess:default
svc:> exit

消えたようです。

svcs -a | grep zone
online         12:54:38 svc:/system/zones:default

あとはpkgadd -G -d 〜でインストールできます。


起動後。Enable IO APICしないと、SMPが使えないようです。

Enable IO APICしないとSMPが使えない

2CPUにしてみます。

Processorを2CPUにする

なんとDirect3D(Experimentalだけど)にも対応してるじゃないですか!


そして、タスクバーをみたら、2CPUになってませんでした・・・しょんぼり・・・。

デバイスマネージャを触ろうとしたら、ビデオカードドライバごと落ちました。。。さらにしょんぼり・・・・

さすがまだBETA1です。

尻ぬぐい

pfexec zfs rollback -r rpool/export/vm/WindowsXP@20090617
pfexec zfs rollback -r rpool/export/vm/WindowsXP/disk1@20090617

あとは、beadmで元通り・・・

学習したこと

ZFSサイコー!


続き

kerolyn (2009-06-24 (水) 18:00:49)~~ログイン時にハングってしまいました。~~Windowsをセーフモードで立ち上げて、~画面の解像度を小さめのものにして、~リブートすると、~あら不思議?正常に動きました。~~ただ、他にも固まってしまう事があった(あるプログラムをアンインストールしていた時)ので、~ディスプレイドライバのバグだけではなさそうです...~

Direct3D

kerolyn (2009-06-24 (水) 17:14:51)~~こんにちは。~~私のsnv 116でも落ちてしまいましたが、~GuestAddtionのDirect3Dを無効のままにしたら動いているようです。~


日記

Recent Updates

openjdk(SPARC)

SPARC用のJAVA。 最近は新しいバージョンがSPARCでリリースされず、苦労している人も多いのですが、SPARC Solarisの界隈人達がビルドして代わりに使われているものです。 Solaris 11 SPARC jdk builds
»続きを読む

Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

コンピュータTips/Solaris/Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

Solaris 11.4には4つのリビジョンがあります。 2024年4月現在、Solaris自体の開発はメンテナンスフェーズになったわけでもなく、SRU毎に、最新機能がモリモリ入っていきます。 GA(Release 版) 一応、無償のOTNライセンスの利用も可能 いわゆる、リリース時点のバージョンのことですが、現在は 利用しません 。 以前は、1〜2年に1度の頻度でリリース …
»続きを読む

Emacs.appで書類(Documents)がアクセス出来ないとき

コンピュータTips/MacOSX/Emacs.appで書類(Documents)がアクセス出来ないとき

Catalina以降の権限問題なので、システム設定のセキュリティとポリシーの中にあるプライバシー内のFull Disk Accessに、Emacs.appと/usr/bin/rubyを入れればすむ。 /usrフォルダを、プライバシーの+から入れるのは、ちょっと面倒なので、あらかじめFinderのお気に入りの中に入れておくと良いでしょう。   rubyが入るのは、Emac …
»続きを読む

SONY WH-1000XM3

自分用メモです。 ノイズキャンセラーの性能が良い。 WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを有効すると、音は聞こえないのに妙な音圧があったが、それがかなり軽減。個人的には気にならなくなった。 また、WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを無効にしても、なんか作られたような音が出ていたような気がしたが、割と普通に聞こえる。 USB-Cになったのも良い。飛行機でも使う …
»続きを読む

Catalina(10.15)

Catalina Beta を入れ始めたので、自分用のまとめ。 2019/10/8、Catalinaが振ってきたので製品版用に記載を変えました。 32bitアプリを確認すること。 Activity Monitorで32bitアプリがわかるので、そういうアプリがあるなら代替品を見つけておくこと。 /etc以下のいくつかのファイルをバックアップしておくこと。 /etc …
»続きを読む

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初