HOME / 日記 / snv_133へのアップデート

Date: 2010/02/21 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags: OpenSolaris, snv_133, update, アップデート

snv_133へのアップデート

snv_132から133へのアップデート。

いつも通り

pfexec pkg image-update -v

とすると、SUNWipkgが古いと言われます。そして、

pfexec pkg install -v SUNWipkg

とすると、どういうわけか、もの凄い量のパッケージをインストールしようとして、こんなエラーを出します。

pkg: Requested "install" operation would affect files that cannot be modified in live image.
Please retry this operation on an alternate boot environment.

実は、pkg名が大幅に変わっているからなのですが・・・・ワークアラウンドとしてこうします。

mkdir /tmp/snv_133
pfexec beadm create snv_133

実はこうしたいのですが、pkgのucbの中に、なぜか/exportが含まれており、さらに、/exportをlofsでro mountするため、そのままではうまくいきません。

pfexec beadm mount snv_133 /tmp/snv_133

そこでこうします。

pfexec mount -F zfs rpool/ROOT/snv_133 /tmp/snv_133
pfexec pkg -R /tmp/snv_133 install -v SUNWipkg

ここでもの凄い量のアップデートが行われます。

pfexec bootadm update-archive -R /tmp/snv_133

一端リブートし、snv_133から起動します。pkgコマンドが結構変わっているためです。

実はこの段階で、snv_133になっています。

再起動後、いつも通り、image-updateします。

pfexec pkg image-update -v --be-name 

なんと、この瞬間に、SUNW〜系PKGが、多量に消えるのですが、これは正常です!

再起動すると、activateできるので

pfexec beadm activate snv_133_2

としてください。これでアップデートは終わりです。

snv_133で何が変わったか!

実はIPSのpkgコマンドが結構変わっているようです。

まず、pkgコマンドが全般的に、きびきび動く様になっています。

恐らくいちいちサーバに聞きに行っている処理が、キャッシュしたのだと思います。とくに、従来は使い物にならなかったリストに1行説明を付ける、

pkg list -as

が、するっと出てきますし、ローカル系のコマンドなども、すぐに応答があります。pkgコマンドは全般的にyum並にきびきび動く様になりました。

実は、今回のアップデートでの僕的な最大のトピックスは、パッケージ名の変更です。

OpenSolaris2009.06までのパッケージ名です

SUNWapch22                                    2.2.11-0.111.6  installed  ----
SUNWapch22d                                   2.2.11-0.111    known      ----
SUNWapch22m-dtrace                            0.3.1-0.111     installed  ----
SUNWapch22m-fcgid                             2.2-0.111       known      ----
SUNWapch22m-jk                                1.2.27-0.111    known      ----
SUNWapch22m-php5                              2.2.6-0.111     known      ----
SUNWapch22m-php52                             5.2.9-0.111     installed  ----
SUNWapch22m-security                          2.5.9-0.111     known      ----
SUNWapch22m-sed                               2.2.11-0.111    known      ----

Solarisになれた人にはどうってことないのですが、Linuxからくると、Apacheを探すためにSUNWapch22という名前を何らかの方法で見つけない限り、Apacheのインストールができません。

以前の私の作ったIPSの利用法のPDFでは、apacheを探すのに、SUNWapch22をどう見つけるか?を書いてありましたが、これに会わせた最新版を作った方がいいですかね。

そしてこれがsnv_133です。

web/server/apache-22                          2.2.14-0.133    インストール済み -----
web/server/apache-22/documentation            2.2.14-0.133    既知     -----
web/server/apache-22/plugin/plugin-dtrace     0.3.1-0.133     既知     -----
web/server/apache-22/plugin/plugin-fastcgi    2.3.4-0.133     既知     -----
web/server/apache-22/plugin/plugin-html-plugin 3.1.1-0.133     既知     -----
web/server/apache-22/plugin/plugin-php52      5.2.12-0.133    既知     -----
web/server/apache-22/plugin/plugin-security   2.5.9-0.133     既知     -----
web/server/apache-22/plugin/plugin-sed        2.2.14-0.133    既知     -----
web/server/apache-22/plugin/plugin-tomcat     1.2.28-0.133    既知     -----
web/server/apache-22/plugin/plugin-xml2enc    1.0.1-0.133     既知     -----

ユーザとしてはわかりやすくなり、歓迎すべきことだと思いますが、個人的には、「2010.03直前」にかえるなよ!!!(汗)ってところですか・・・

今度は

pkg search -r apache

で多量にヒントが出てくるかと思います(笑)

依存系にバグがあると、IPSは割と初心者だと手も足も出なくなるので、これからバグ潰しはしようかと思ってはいますが。

最後に、133のパッケージ一覧です。pkg list -asで出てきた結果です。

file133_list_as.txt

基本的には

  • pkg コマンドが全般的に、「とてもきびきび」動く様になった!
  • pkg 名が、歴史的なことをしらなくても、わかりやすくなった!

ため、今回のバージョンアップは、普段Linuxを使っているユーザが、OpenSolarisを使うのに、非常に楽になったといえると思います。



日記

Recent Updates

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

Nexus7 2013をMarshmallow(Android 6.0)化

OTAでない方法で。 だいたい ここに書いてある方法 なんだけど、adbなどが一式使えている状態で。 まずは自分の機種のものをダウンロードする。僕のは、 Android 6.0 Marshmallow for Nexus 7 2013 Wi-Fi 。tgzを展開し、zipも解いておく。 まずはboot loaderへ。 bootloader自体のアップデート。一式、updat …
»続きを読む

OS X 10.11 El Capitanで、phpのモジュールインストール

Yosemiteからのアップデートは割と簡単です。なぜならYosemite時に、すでにapache 2.4になり、php 5.5になっているから(笑 アップデート前に、まずはphp.iniとhttpd.confをバックアップしておきましょう きになるなら、hostsとかapache以下全てをバックアップしておいてもいいかも。 後はEl Capitanにアップデートする。 アッ …
»続きを読む

EasyAcc Powerbank PB4000CB

スマフォTips/モバイルバッテリー/モバイルバッテリー製品レビュー/EasyAcc Powerbank PB4000CB

薄型のモバイルバッテリーEasyAcc Powerbank PB4000CBです。 今や、モバイルバッテリーは大型のものが好まれるのか、隙間無く商品があります。20,000mAh越えで、「でけえ!」とか言ってますけど、大きいのを探せば、100Wh(27,000mAh)、200Wh当たり前、探せば500Wh(135,000mAh)とか、もっともっとあるのです。用途がどんどん異なっていくので …
»続きを読む

EC Technology Sports Headsets S10-JWH07B

デバイスTips/Bluetooth/EC Technology Sports Headsets S10-JWH07B

Bluetoothのスポーツヘッドセット、 S10-JWH07B について。 今までブログに記載することはなかったのですが、実は割とBluetoothと言うか無線型のヘッドフォンを沢山持っています。赤外線や独自物、Bluetoothなどいくつもストックを持っていたりします。普通の人からするとマニアです。でも、マニアからみるとそうでもないレベルです。 ただ「ヘッドフォンの音質」というの …
»続きを読む

静岡県内をVPNでつなぐ(割と特殊な例)

静岡というのはある意味特殊な土地で、ほとんどのインターネットプロバイダのPOIは静岡でつながれておらず、NTT西圏内のどこかで繋がっているので、大抵大阪折り返しになる。仮に静岡県内にPOIがあっても、だいたい静岡でルーティングしてないので、やっぱり東京折り返しになってたりする。例え 同じプロバイダを使っていたとしても 。 だから静岡←→静岡のVPNは、静岡←→東京や、静岡←→大阪よりも遅 …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初