HOME / 日記 / 東京と静岡の間のVPN

Date: 2010/06/04 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags: Solaris, OpenSolaris, Howto, 利用法

東京と静岡の間のVPN

とりあえず東京と静岡の間で、VPNをやっと張った次第(笑)さっさとやれって話ですが、うちみたいなASP屋さんだと、ASP側のメンテが立て込むとLAN内のサービスが遅れるという。まあ、今まで東京には、ほとんど私のノートしかなかったからいらなかったわけですが。

そんなわけで久々のLAN内メンテ。私が都内に居て、ともちゃが静岡にいて、あれこれIRCで話ながらほとんど一発でIPsecが繋がりました。

RouterはYAMAHAのRTX1500とRTX1000。RTXが何故かごろごろと社内に落ちてるんだよね。ともちゃは慣れてるだろうから簡単だったのだろうけど、僕は久しぶりにRTXを触ったので、すぐに設定出来なかったらどうしようかと思いながらやってたりしました。密かに最初、espが通ってこなくて、あぁ、nat descriptorで内側に張るんだったと、2〜3分悩んでました(汗)

ISPは静岡はTOKAIさん、都内側はInterlinkさん。

VPN間のpingはこんなかんじ。

% /usr/sbin/ping -s 192.168.1.11
PING 192.168.1.11: 56 data bytes
64 bytes from 192.168.1.11: icmp_seq=0. time=21.111 ms
64 bytes from 192.168.1.11: icmp_seq=1. time=11.473 ms
64 bytes from 192.168.1.11: icmp_seq=2. time=10.790 ms
64 bytes from 192.168.1.11: icmp_seq=3. time=30.745 ms
64 bytes from 192.168.1.11: icmp_seq=4. time=23.399 ms
64 bytes from 192.168.1.11: icmp_seq=5. time=17.674 ms
^C
----192.168.1.11 PING Statistics----
6 packets transmitted, 6 packets received, 0% packet loss
round-trip (ms)  min/avg/max/stddev = 10.790/19.199/30.745/7.581

Router間のpingはこんなかんじ。

# ping **.**.**.**
received from **.**.**.**: icmp_seq=0 ttl=244 time=12.706ms
received from **.**.**.**: icmp_seq=1 ttl=244 time=23.264ms
received from **.**.**.**: icmp_seq=2 ttl=244 time=21.223ms
received from **.**.**.**: icmp_seq=3 ttl=244 time=26.539ms
received from **.**.**.**: icmp_seq=4 ttl=244 time=18.152ms
5 packets transmitted, 5 packets received

地理的、ネットワーク的な都合があるとはいえ、今時で言うとあんまり良くはないよなぁ。

まあ、パフォーマンスがいまいちでも、これでいろいろと便利になるかなぁ。



日記

Recent Updates

openjdk(SPARC)

SPARC用のJAVA。 最近は新しいバージョンがSPARCでリリースされず、苦労している人も多いのですが、SPARC Solarisの界隈人達がビルドして代わりに使われているものです。 Solaris 11 SPARC jdk builds
»続きを読む

Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

コンピュータTips/Solaris/Solaris11のCPU(Critical Patch Unit)の当て方

Solaris 11.4には4つのリビジョンがあります。 2024年4月現在、Solaris自体の開発はメンテナンスフェーズになったわけでもなく、SRU毎に、最新機能がモリモリ入っていきます。 GA(Release 版) 一応、無償のOTNライセンスの利用も可能 いわゆる、リリース時点のバージョンのことですが、現在は 利用しません 。 以前は、1〜2年に1度の頻度でリリース …
»続きを読む

Emacs.appで書類(Documents)がアクセス出来ないとき

コンピュータTips/MacOSX/Emacs.appで書類(Documents)がアクセス出来ないとき

Catalina以降の権限問題なので、システム設定のセキュリティとポリシーの中にあるプライバシー内のFull Disk Accessに、Emacs.appと/usr/bin/rubyを入れればすむ。 /usrフォルダを、プライバシーの+から入れるのは、ちょっと面倒なので、あらかじめFinderのお気に入りの中に入れておくと良いでしょう。   rubyが入るのは、Emac …
»続きを読む

SONY WH-1000XM3

自分用メモです。 ノイズキャンセラーの性能が良い。 WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを有効すると、音は聞こえないのに妙な音圧があったが、それがかなり軽減。個人的には気にならなくなった。 また、WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを無効にしても、なんか作られたような音が出ていたような気がしたが、割と普通に聞こえる。 USB-Cになったのも良い。飛行機でも使う …
»続きを読む

Catalina(10.15)

Catalina Beta を入れ始めたので、自分用のまとめ。 2019/10/8、Catalinaが振ってきたので製品版用に記載を変えました。 32bitアプリを確認すること。 Activity Monitorで32bitアプリがわかるので、そういうアプリがあるなら代替品を見つけておくこと。 /etc以下のいくつかのファイルをバックアップしておくこと。 /etc …
»続きを読む

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初