HOME / 日記 / OpenSolaris 2009.06から2010.03previewへのアップデートメモ

Date: 2010/02/17 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags: OpenSolaris, HowTo, dev, 2009.06, 2010.03

OpenSolaris 2009.06から2010.03previewへのアップデートメモ

メモなのでこのエントリはしばしば更新されていきます。

自分の環境ではまった物だけメモしてあります。

見て置いた方がいいもの

  • http://opensolaris.org/jive/thread.jspa?threadID=123194&tstart=0
  • 最近のug-jposugのログ

はまりポイント

  • image-update
    • 一杯 Warningでたが、まぁなんとか。
    • 私はcontrib系の除去はいらなかったのでスルー。
  • nVidiaでXが起動しない。
    • /etc/X11/xorg.confを削除。
    • キーカスタマイズ周りでxorg.confに記載していたのが問題だった様子。
    • nVidia周りが何か変わったらしい。そのままだとXが起動しない
  • Could not update ICEauthority file /.ICEauthority
    • pfexec usermod -d /var/lib/gdm gdm
  • fontレンダラーが変わって細字になった気がする
    • ちょっと汚くなった様な気がしない?
  • firefox(mozilla contrib版。/opt/sfw以下に入る物)、thunderbirdが起動しない。
    • ショートカットをenv LD_BIND_NOW=1 ./thunderbird or ./firefox に変更
    • コマンドプログラムのために、/usr/bin/firefoxを書き換え
  • ATOKのパレットが縦置き出来なくなった
    • 仕方がないので横置き
  • xorg.confで、Option "XkbOptions" "ctrl:nocaps"が、使えなくなった。
  • VirtualBoxが起動しなくなった
  • svcs -xv で、iscsi_initiatorが残る。
    • 名前が変わってiscsi/initiatorになった。ゴミなので、pfexec svccfg delete iscsi_initiator で消す。

firefox

こんな感じでつくっておく。

cat >>/usr/bin/firefox  <EOL
#!/bin/sh

env LD_BIND_NOW=1 /opt/sfw/bin/firefox $*
EOL
chmod +x /usr/bin/firefox

xmodmaprcで設定

keycode  117 = Insert
keycode  106 = Multi_key
remove Lock = Caps_Lock
keycode  66  = Control_L
add Control = Control_L
!!keysym Caps_Lock = Control_L

VirtualBoxが起動しなくなった

VirtualBoxが起動しない。下記の様にtrussで追っかけても、/usr/sfw/lib以下にあるはずのlibstdc++.so.6が見つからない。

% truss -fa -t open,chroot /opt/VirtualBox/amd64/VirtualBox
truss: cannot trace set-id or unreadable object file: /opt/VirtualBox/amd64/VirtualBox
kohju@hadriel(10171)% truss -fa -t open,chroot /opt/VirtualBox/VirtualBox
19904:  execve("/opt/VirtualBox/VirtualBox", 0x08047840, 0x08047848)  argc = 1
19904:   argv: /opt/VirtualBox/VirtualBox
19904:  open("/var/ld/ld.config", O_RDONLY)              Err#2 ENOENT
19904:  open("/usr/lib/librt.so.1", O_RDONLY)          = 3
19904:  open("/usr/lib/libsocket.so.1", O_RDONLY) = 3
19904:  open("/usr/sfw/lib/libstdc++.so.6", O_RDONLY)     = 3
19904:  open("/usr/lib/libm.so.2", O_RDONLY)            = 3
19904:  open("/usr/sfw/lib/libgcc_s.so.1", O_RDONLY)      = 3
19904:  open("/usr/lib/libc.so.1", O_RDONLY)            = 3
19904:  open("/usr/lib/libnsl.so.1", O_RDONLY)        = 3
19904:  open("/proc/self/auxv", O_RDONLY)  = 3
19904:  execve("/opt/VirtualBox/amd64/VirtualBox", 0x08047840, 0x08047848)
19904:    *** cannot trace across exec() of /opt/VirtualBox/amd64/VirtualBox ***
ld.so.1: VirtualBox: fatal: libstdc++.so.6: open failed: No such file or directory

AMD64用として追っかけても見つからない。

% pfexec truss -fa -t open,chroot /opt/VirtualBox/amd64/VirtualBox
19878:  execve("/opt/VirtualBox/amd64/VirtualBox", 0xFFFFFD7FFFDFF738, 0xFFFFFD7FFFDFF748)  argc = 1
19878:   argv: /opt/VirtualBox/amd64/VirtualBox
19878:  open("/var/ld/64/ld.config", O_RDONLY)        Err#2 ENOENT
19878:  open("/lib/64/librt.so.1", O_RDONLY)            = 3
19878:  open("/lib/64/libsocket.so.1", O_RDONLY)  = 3
19878:  open("/usr/lib/locale/C/opt/VirtualBox/VirtualBox/LC_MESSAGES/SUNW_OST_SGS.mo", O_RDONLY) Err#2 ENOENT
19878:  open("/usr/lib/locale/C/opt/VirtualBox/VirtualBox/LC_MESSAGES/SUNW_OST_OSLIB.mo", O_RDONLY) Err#2 ENOENT
ld.so.1: VirtualBox: fatal: libstdc++.so.6: open failed: No such file or directory

その1

どういうわけか、SUNWgccruntimeだけではダメで、/usr/lib以下にインストールされる、libstdc++.so.6.0.10ではうまくいく。

pfexec pkg install -v pkg:/developer/gcc/gcc-runtime-432

その2(こっちのがらく)

なぜか(笑

pfexec pkg fix SUNWfreetype2

で治る。

これはlibstdc++.so.6などを、sfw/lib/64で参照しているため。

cd /usr/sfw/lib && ln -s amd64 64

でも治ると思うが・・・。

111から132へのアップデート時に誰かが消すのだと思われる。SUNWfreetype2をfixして治るのは、たまたまfreetype2にだけ64へのシンボリックリンクがパッケージ化しているから。

本来、これらはamd64以下のsoを含む全てが64へのシンボリックリンクを張ることが望ましいですね。



日記

Recent Updates

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

Nexus7 2013をMarshmallow(Android 6.0)化

OTAでない方法で。 だいたい ここに書いてある方法 なんだけど、adbなどが一式使えている状態で。 まずは自分の機種のものをダウンロードする。僕のは、 Android 6.0 Marshmallow for Nexus 7 2013 Wi-Fi 。tgzを展開し、zipも解いておく。 まずはboot loaderへ。 bootloader自体のアップデート。一式、updat …
»続きを読む

OS X 10.11 El Capitanで、phpのモジュールインストール

Yosemiteからのアップデートは割と簡単です。なぜならYosemite時に、すでにapache 2.4になり、php 5.5になっているから(笑 アップデート前に、まずはphp.iniとhttpd.confをバックアップしておきましょう きになるなら、hostsとかapache以下全てをバックアップしておいてもいいかも。 後はEl Capitanにアップデートする。 アッ …
»続きを読む

EasyAcc Powerbank PB4000CB

スマフォTips/モバイルバッテリー/モバイルバッテリー製品レビュー/EasyAcc Powerbank PB4000CB

薄型のモバイルバッテリーEasyAcc Powerbank PB4000CBです。 今や、モバイルバッテリーは大型のものが好まれるのか、隙間無く商品があります。20,000mAh越えで、「でけえ!」とか言ってますけど、大きいのを探せば、100Wh(27,000mAh)、200Wh当たり前、探せば500Wh(135,000mAh)とか、もっともっとあるのです。用途がどんどん異なっていくので …
»続きを読む

EC Technology Sports Headsets S10-JWH07B

デバイスTips/Bluetooth/EC Technology Sports Headsets S10-JWH07B

Bluetoothのスポーツヘッドセット、 S10-JWH07B について。 今までブログに記載することはなかったのですが、実は割とBluetoothと言うか無線型のヘッドフォンを沢山持っています。赤外線や独自物、Bluetoothなどいくつもストックを持っていたりします。普通の人からするとマニアです。でも、マニアからみるとそうでもないレベルです。 ただ「ヘッドフォンの音質」というの …
»続きを読む

静岡県内をVPNでつなぐ(割と特殊な例)

静岡というのはある意味特殊な土地で、ほとんどのインターネットプロバイダのPOIは静岡でつながれておらず、NTT西圏内のどこかで繋がっているので、大抵大阪折り返しになる。仮に静岡県内にPOIがあっても、だいたい静岡でルーティングしてないので、やっぱり東京折り返しになってたりする。例え 同じプロバイダを使っていたとしても 。 だから静岡←→静岡のVPNは、静岡←→東京や、静岡←→大阪よりも遅 …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初