HOME / 日記 / pingではまる

Date: 2009/09/28 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags: Solaris, OpenSolaris, Howto, 利用法

pingではまる

192.168.1.0/24のネットワークに、デフォルトゲートウェイとするルータのIPアドレスが192.168.1.254だったとき、次のようにしてNICをupします。

ifconfig e1000g0 plumb
ifconfig e1000g0 192.168.1.10/24 up

この状態でまだ、default gatewayを設定しません。ここで、

ping 192.168.1.254

すると、当然。

192.168.1.254 is alive

となります。そして-sをつけてみると

ping -s 192.168.1.254

たとえば、こんな感じ・・・

PING 192.168.1.254: 56 data bytes
64 bytes from 192.168.1.254: icmp_seq=0. time=0.686 ms
64 bytes from 192.168.1.254: icmp_seq=1. time=0.592 ms
64 bytes from 192.168.1.254: icmp_seq=2. time=0.627 ms
^C
----192.168.1.254 PING Statistics----
3 packets transmitted, 3 packets received, 0% packet loss
round-trip (ms)  min/avg/max/stddev = 0.592/0.635/0.686/0.048

まーあたりまえですよね。

ここでdefaultgatewayを設定します。

route add default 192.168.1.254

そして、

ping 192.168.1.254

すると、当然。

192.168.1.254 is alive

まーそりゃそうですよね。

ところがここで。こうします・・・

ping -s 192.168.1.254
PING 192.168.1.254 (192.168.1.254): 56 data bytes

しばしまつ・・・

^C
----192.168.1.254 PING Statistics----
5 packets transmitted, 0 packets received, 100% packet loss

えええええ・・・・。なぜ、何もないときと-sでこんなの違うの?

さて、これはなぜでしょう?

実は、恥ずかしながら、これで相当な時間はまりました。

ただデフォルトゲートウェイを登録しただけで、デフォルトゲートウェイのIPアドレスに到達できず、route deleteすると、デフォルトゲートウェイのIPアドレスに到達します。

次回までクイズにしたいところですが、答えを・・・

答えはDNS

まずnsswitch.confのipnode/hostsが、files,dnsだったとき、DNSをresolv.confに設定しますよね。

このDNSが手違いで実は許可されてないDNS(つまりIP制限されており、許す設定になっていない)だったとき、この状態がおきます。

pingでIPアドレス直うちなので、なんでDNS?とおもうのですが、OpenSolarisのpingは、実は逆引きをするのです。

逆引きの解決が時間以内に出来ないとき、ICMPのECHOのREPLYが帰ってきているにもかかわらず、packet lossと表示されます。

そしてdefault gatewayがあるかどうかで、hostnameの解決に行くかどうかが決まるようで。

これが組み合わされると、このような意味不明な事象が起きるのです。どうもこれ、nameserverがbindとかでは起きないようで。powerdns recursorなどのリゾルバでは、許可しないIPからは無応答のようなのですね。

これが連鎖すると、意味不明な事象が起き、混乱したわけです。

正直、ping -sで逆引きするところまではいいのですが、packet lossと表記する実装はちょっと問題なのではないかと・・・。

問題切り分けのために-nをつけよう

UNIXを使っていた先輩に、netstatや、tracerouteなどを習うとき、-n(逆引きしない)をつけるようにならいました。

理由は単に、「遅くなるから」だったのですが、遅くなることよりも問題が複雑になることの方が重要だったのですね。

pingにも、-snと言う形で、意識して-nをつける習慣をつけたほうがいいですね。



日記

Recent Updates

SONY WH-1000XM3

自分用メモです。 ノイズキャンセラーの性能が良い。 WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを有効すると、音は聞こえないのに妙な音圧があったが、それがかなり軽減。個人的には気にならなくなった。 また、WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを無効にしても、なんか作られたような音が出ていたような気がしたが、割と普通に聞こえる。 USB-Cになったのも良い。飛行機でも使う …
»続きを読む

Catalina(10.15)

Catalina Betaを入れ始めたので、自分用のまとめ。 総じて、とても良いです。 描画遅れもないし、フレームレートも速い。かと言って、Luna Displayのような、jpeg ノイズもない。 接続は、Airplayのようなイメージで接続可能。Wi-Fiでも十分速いので、イメージとして、AppleTVでAir Playをしたかんじで接続できるため、特になにかiPad側の準備 …
»続きを読む

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

Nexus7 2013をMarshmallow(Android 6.0)化

OTAでない方法で。 だいたい ここに書いてある方法 なんだけど、adbなどが一式使えている状態で。 まずは自分の機種のものをダウンロードする。僕のは、 Android 6.0 Marshmallow for Nexus 7 2013 Wi-Fi 。tgzを展開し、zipも解いておく。 まずはboot loaderへ。 bootloader自体のアップデート。一式、updat …
»続きを読む

OS X 10.11 El Capitanで、phpのモジュールインストール

Yosemiteからのアップデートは割と簡単です。なぜならYosemite時に、すでにapache 2.4になり、php 5.5になっているから(笑 アップデート前に、まずはphp.iniとhttpd.confをバックアップしておきましょう きになるなら、hostsとかapache以下全てをバックアップしておいてもいいかも。 後はEl Capitanにアップデートする。 アッ …
»続きを読む

EasyAcc Powerbank PB4000CB

スマフォTips/モバイルバッテリー/モバイルバッテリー製品レビュー/EasyAcc Powerbank PB4000CB

薄型のモバイルバッテリーEasyAcc Powerbank PB4000CBです。 今や、モバイルバッテリーは大型のものが好まれるのか、隙間無く商品があります。20,000mAh越えで、「でけえ!」とか言ってますけど、大きいのを探せば、100Wh(27,000mAh)、200Wh当たり前、探せば500Wh(135,000mAh)とか、もっともっとあるのです。用途がどんどん異なっていくので …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初