HOME / 日記 / Solaris10とSolaris11の3つの違い

Date: 2011/11/12 |  このエントリーをはてなブックマークに追加  |  Tags: Solaris 11

Solaris10とSolaris11の3つの違い

祝:Solaris 11 リリース

とうとう、2011年11月9日に、Solaris 11がリリースされました。

Oracleになって初となるメジャーリリース。このことをニュースとする向きも多いとおもいますが、なによりこれからOracleが「Solarisをどうするつもりなのか」垣間見えるリリースだと思います。11は、中身が大きく進化しています。OracleがSun買収時に発表したときに、Solarisのエンジニアを増やすと約束していましたが、このリリースで、これが嘘ではなかったことが見て取れると思います。

Solaris 11は商業的にはSolaris 10の系譜ですが、技術的にはOpenSolarisの系譜となる形です。なのでOpenSolarisを使ってきた人には、利用感に大きな変化は無いと思いますが、Solaris10だけを使ってきた人には大きな変化があると思います。

Solaris10の寿命が長かったので、Windowsでいえば、XPから7ぐらい差異があるかと。

僕がWindows 7のアップデートで、Windowsにおいてかれてしまったように、11にしっかりキャッチアップしないと、10から11もおいてかれそうになる勢いです。しかし、よりLinuxになれたユーザに使いやすく、多くのものが便利になっているので、是非使ってみると面白いかと思います。

私のブログでも、これから11周りの色々な機能を掲載していく予定です。私自身、今年は限界までWIKIPLUSの制作に力を入れてきてしまったので、ブログ更新もおろそかになっていましたが、WIKIPLUSのリリースも無事クリアし、Solarisも都合よく(笑)11になったので、ポスト多めで続けていきたいと思います。

Solaris11とSolaris10の3つの違い

Solaris11とSolaris10の3つの違いと題して、僕から見た大きな違いを3つだけ、あげてみました。

  • パッケージシステム(Image Package System)
    • Solaris 10は古風なSVr4のpkgシステム(pkgadd他)でしたが、新しいパッケージシステム、IPS(pkgコマンドにほぼ集約)に集約された。
    • IPSの特徴を簡単に言うと、yumやaptのようにネットワーク越しにパッケージを勝手に依存関係を解決して入れることができるもの、でしょうか。pkg install なにがしで、依存関係まで解決して普通にインストールできます。
  • 様々なミドルウェアのオープンソース化
    • ミドルウェアのスタックが、オープンソース系に、より傾倒しています。10では構成されるミドルウェアの違いから、LinuxのソフトウェアをSolarisにポーティングするのに技術が要ることがありましたが、11は最近のオープンソース系ミドルウェアを使っているので、大抵のものは特に困ることなくビルドできると思います。
    • また、これらのミドルウェア群のデフォルト値は、Linuxに歩み寄られています。ライブラリもそうですが、シェルがbashがデフォルトになってたり、様々なところで見てとれるとおもいます。普段Linuxを使っているユーザがSolarisを久しぶりに使っても、「そーか、Solarisはそういえばこんなだった」と、思うことが大分減っているのではないでしょうか。
  • 仮想化技術:Solaris Container(Zone)の強化と隔離性の向上
    • Solaris 11のContainerは従来のContainerよりも隔離性が高くなっています。ほとんどのサービスをContainer上で動作できるようになりました。元来、10のContainerも他のOSのコンテナよりも隔離性は高かったと思いますが、もはや別格になっています。
    • 仮想ネットワークアダプタ(vnic、etherstub等、dladmで作成)のContainerへの占有化、ZFSのFS単位での占有化、SRM(リソースマネージャ)などが強化されているので、コンテナの上でNFSを動かしたりもできます。Containerにはボトルネックがほとんどないため、隔離性を重視して、ほとんどのサービスはContainer上ででサービスするのが良いでしょう。
      • 注: これに関しては翌日に、より深く書いておきました :D

以上が、私から見た大きな違い3点です。

これらの機能とよくいわれるSolarisのメリットを使いたいなら、11を選ぶという選択肢が入ってくるのだろうと考えています。

あんまり一つのエントリに詰め込みすぎるなと、@koshian に怒られたので(笑)、今日はこれぐらいで。


日記

Recent Updates

SONY WH-1000XM3

自分用メモです。 ノイズキャンセラーの性能が良い。 WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを有効すると、音は聞こえないのに妙な音圧があったが、それがかなり軽減。個人的には気にならなくなった。 また、WH-1000Xのころは、ノイズキャンセラーを無効にしても、なんか作られたような音が出ていたような気がしたが、割と普通に聞こえる。 USB-Cになったのも良い。飛行機でも使う …
»続きを読む

Catalina(10.15)

Catalina Beta を入れ始めたので、自分用のまとめ。 2019/10/8、Catalinaが振ってきたので製品版用に記載を変えました。 32bitアプリを確認すること。 Activity Monitorで32bitアプリがわかるので、そういうアプリがあるなら代替品を見つけておくこと。 /etc以下のいくつかのファイルをバックアップしておくこと。 /etc …
»続きを読む

ディスクの不良を確認する(iostat -EnのError等)

ディスク関係のスタックをざっくり書くと次の様になっています 例、SAS Expanderを使う場合、 例、AHCIなどを使う場合、 これらのエラーは、次の様なコマンドで知ることができます。 出力結果例 このなかで、 たとえば、SATAディスクを利用している際に負荷が上がってしまい、ディスクの応答が間に合わないシチュエーションでは、Transport Errorが一気に …
»続きを読む

2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

日記/2017年、新年明けまして、おめでとうございます。

新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 昨年中は、皆様にお世話になりました。 昨年は、コツコツと3年程前から行ってきた改革がある程度完成された年で、この先5年、10年を見据えて、次のフェーズへと進む為の土台が完成した年でもありました。 それにキャッチアップする形で、個々の従業員一同が、役割を自覚し、明確に動けた年であったかと考えています。 …
»続きを読む

RSA鍵認証のみにし、Password認証を無効化する

意外に覚えきれなくて、いつも忘れるので、メモついでに残しておきます。 古いOpenSSHや、SunSSHの場合は、これも無効にします。 ユーザ目線でのザックリとした説明を。OpenSSHではなく別のSSH実装も含めて考えているので、OpenSSHのソースをじっくり読んだわけではないため、間違ってたらすみません。 まず、Password認証を無効にする場合、 PasswordAut …
»続きを読む

Nexus7 2013をMarshmallow(Android 6.0)化

OTAでない方法で。 だいたい ここに書いてある方法 なんだけど、adbなどが一式使えている状態で。 まずは自分の機種のものをダウンロードする。僕のは、 Android 6.0 Marshmallow for Nexus 7 2013 Wi-Fi 。tgzを展開し、zipも解いておく。 まずはboot loaderへ。 bootloader自体のアップデート。一式、updat …
»続きを読む

OS X 10.11 El Capitanで、phpのモジュールインストール

Yosemiteからのアップデートは割と簡単です。なぜならYosemite時に、すでにapache 2.4になり、php 5.5になっているから(笑 アップデート前に、まずはphp.iniとhttpd.confをバックアップしておきましょう きになるなら、hostsとかapache以下全てをバックアップしておいてもいいかも。 後はEl Capitanにアップデートする。 アッ …
»続きを読む

EasyAcc Powerbank PB4000CB

スマフォTips/モバイルバッテリー/モバイルバッテリー製品レビュー/EasyAcc Powerbank PB4000CB

薄型のモバイルバッテリーEasyAcc Powerbank PB4000CBです。 今や、モバイルバッテリーは大型のものが好まれるのか、隙間無く商品があります。20,000mAh越えで、「でけえ!」とか言ってますけど、大きいのを探せば、100Wh(27,000mAh)、200Wh当たり前、探せば500Wh(135,000mAh)とか、もっともっとあるのです。用途がどんどん異なっていくので …
»続きを読む

最新  |  << 前ページ  |  次ページ >>  |  最初